ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「密」を避ける移動にはETC深夜割引を有効活用

首都圏に限らず、日本の大都市圏には現在、緊急事態宣言が続々と発令されています。緊急事態宣言が出た場合、他人との接触はなるべく避けることが基本となるため、鉄道・バスなどの公共交通機関を利用するよりも、マイカー利用の方が確実。そして、高速道路を利用するのであれば「ETC深夜割引」をぜひ活用したいところです。


「密」を避ける移動にはETC深夜割引を有効活用

首都圏でも利用可能なETC深夜割引

「ETC深夜割引」は、0~4時の間に高速道路を走行した場合に通行料金が30%オフになるというものです。ETC深夜割引の特徴はすべての車種に適用されることで、対象路線についても、おもに個人ユーザー向けのETC休日割引と比べて幅広く設定されています。

ETC深夜割引では、ETC休日割引が対象外の「大都市近郊区間」の多くも割引となり、対象外路線は京葉道路・東京湾アクアライン・第三京浜・横浜新道・横浜横須賀道路・第二神明道路・関門トンネルのみ。緊急事態宣言が発令中の府県でも、ETC深夜割引は利用しやすいサービスといえます。

県境をまたがない移動を考えた場合、長距離移動以上にETC深夜割引では走行時間帯に注意が必要です。というのも、途中のSA・PAでの時間調整を行うことが難しいため。例えば、横浜町田IC~秦野中井ICを移動する場合、途中にあるSA・PAは海老名SAしなく、駐車場が満車であればアウトということになってしまいます。

ETC深夜割引は本線料金所に要注意

そのため、確実にETC深夜割引の適用を受けるためには、深夜出発であれば0時を過ぎるようにします。逆に早朝出発を選ぶ場合は、ETC深夜割引の適用時間帯が終わる4時より前にICを通過するために、余裕を持って出発時間を設定することが大切です。

さらに、本線料金所をまたぐ走行では時刻判定にも注意が必要です。例えば、吹田JCT内を経由して名神高速・中国道方面と近畿道を連続走行する場合、吹田JCT内にある料金所を境に通行料金・時刻判定が別計算になります。そこで、八尾ICから乗り翌0時1分に茨木ICを降りると、吹田JCT~茨木ICのみETC深夜割引対象です。

このように、料金所の前後で別料金・時刻判定になる場所は関西圏でとくに多く、吹田JCTのほか城陽JCTと八木・篠・巨椋池・門真・田辺西・精華下狛・泉佐野の各本線料金所が該当します。さらに、首都圏では外環道と東北道など接続路線との連続走行、北海道では札幌市内を通過する場合も同様なので要注意です。

■「ETC割引」おすすめ記事
ETC限定の「休日割引」は高速が最大50%オフ

■「ETC」おすすめ記事
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
高速ETC深夜割引にSA内で泊まれるホテルを活用
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路は財布を忘れたら料金を後払いできる?
有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事