ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCマイレージのポイント還元ベストタイミング

「ETCマイレージ」は事前登録が必要なものの、ETC休日割引やETC深夜割引の対象外路線でもポイント還元が受けられるほか、平日朝夕割引との組み合わせで最大50%以上の還元率になるお得なサービスです。このETCマイレージの還元は好きなタイミングで受けられます。じつは、ETCマイレージのポイント還元はタイミングが肝心なのでした。


ETCマイレージのポイント還元ベストタイミング

ETCマイレージのポイントは各社で集計

数あるETC割引のうち、ETCマイレージとETC平日朝夕割引は会員登録が必要です。ETCマイレージは、高速道路の利用料金に応じてポイント還元するもので、会員登録時にETC車載器管理番号と自動車のナンバープレート情報がセットで必要なため、自家用車を所有していないと登録できません。

ETCマイレージの対象は、NEXCO3社と本四高速・名古屋高速・愛知県道路公社・神戸市道路公社・広島高速・福岡北九州高速の各社路線。ポイントはNEXCO3社は利用分をまとめて集計、その他は各社ごと別々に集計する仕組みです。

ETCマイレージで貯まるポイントは、NEXCO3社と本四高速が100円につき10ポイントで、1000ポイントで還元を受けると500円、3000ポイントで2500円、5000ポイントで5000円。一方、神戸市道路公社は50円につき3ポイント貯まり200ポイント=100円で還元、その他各社は100円につき1ポイントで100ポイント=100円の還元です。

ETC平日朝夕割引はETCマイレージ会員に登録すると自動的に受けられるもので、対象路線を6~9時・17~20時に走行すると毎月の走行回数に応じて最大100km分までの通行料金で還元が受けられます。還元率は、月5~9回の場合が30%、10回以上が50%で、翌月20日に還元があります。

ETCマイレージ還元額は優先的に充当

ETC平日朝夕割引の対象となるのは、東京・大阪近郊に設定された大都市近郊区間と東京湾アクアライン・関門トンネルを除くNEXCO3社路線と本四高速です。また、還元率を計算するための走行回数は、NEXCO3社と本四高速では別々に集計する仕組みです。

ETCマイレージとETC平日朝夕割引の還元額は同じ扱いで、還元額が残っている状態で還元額を利用可能な路線を走行すると、優先的に通行料金へ充てられます。そして、ETC平日朝夕割引の還元は毎月20日に固定されていますが、ETCマイレージのポイント還元は、ドライバー側で選ぶことができるのです。

このため、ETCマイレージのポイント還元は「ETCマイレージは貯まらないものの還元額は使える」路線を利用する直前に、受けるのがお得な使い方といえます。というのも、ETCマイレージやETC平日朝夕割引の還元額で走行した場合、ETCマイレージのポイント対象外となるためです。

じつは、ETCマイレージの還元額が使えるだけの路線は全国各地に点在していて、関東地方では日立有料道路や日光宇都宮道路、近畿地方では京都縦貫道や阪神高速・播但連絡道といった路線が該当します。とくに、阪神高速・播但連絡道は路線延長も長く、還元額の使い出があるといえます。

しかし、阪神高速でのETCマイレージ還元額の利用は2021年3月31日で終了してしまいます。そこで、ポイント残高が残っている状態で阪神高速で使いたいと考えている人は早めに還元額へ交換して利用するようにしたいところです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事