ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドラレコ機能も備える無料のカーナビアプリとは

安心安全のドライブをサポートしてくれる、ドラレコやカーナビは今や必需品。とはいえ、何万円もする機材を揃えるのはお財布に厳しいところです。そこで重宝するのが、カーナビやドラレコ機能を搭載したスマホアプリ。さっそく、ドラレコ機能も備える無料のカーナビアプリ「カーナビタイム」の機能を詳しく見ていきましょう。


ドラレコ機能も備える無料のカーナビアプリとは

カーナビタイムにオービス通知

ナビタイムジャパンが提供する高機能なカーナビアプリが「カーナビタイム」です。月額660円を支払うことでオービス通知やマルチデバイス利用ができるようになりますが、無料でも十分な機能を搭載しています。App Store、Google Playで入手可能です。

注目は2カメラ録画に対応したドラレコ機能。スマホのフロントカメラとインカメラを同時に録画するため、車内の様子も記録できます。もちろんカーナビ機能も充実していて、一般的なカーナビと遜色がありません。

事前に車種区分を選択しておくと、有料道路の通行料金が正確に計算される設計です。また、周囲の駐車場を一覧表示することが可能。止めたい駐車場を選べばルートが表示されます。駐車場を探してウロウロ…なんてこともなくなるでしょう。

カーナビタイムのド2カメドラレコ機能

カーナビタイムのドラレコ機能は、トレンドの2カメラ録画に対応しており、前方と車内を同時に撮影。画質は最大1920×1088ドット(iOSは1920×1080ドット)で、録画した映像はスマホのカメラロールに保存されます。

ただし、最高画質の場合は5分録画すると600MBにもなるので、容量が気になるなら低画質か中画質に設定しておきましょう。

録画方法は「ループ録画・衝撃検知録画・手動録画」の3パターン。ぶつかった時に自動で録画する、「衝撃検知録画」に設定しておくのがよいでしょう。衝撃を検知した前後10秒間の映像を自動で保存できる設定です。(文/中谷 仁)

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事