ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

首都高50%オフ!ETC深夜割引が期間限定で復活

発表から1年以上たち、すでに忘れている人も多いかもしれませんが、昨年開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックの開催期間中、首都高速は期間限定で値上げされることになっていました。実は、この値上げはそっくりそのまま今年開催予定のオリンピック・パラリンピックに適用されるため要注意なのです。


首都高のETC深夜割引がオリンピックで復活?

首都高がオリンピック期間に料金割増

首都高速は、東京オリンピック・パラリンピックに関連して、2021年7月19日~8月9日、8月24日~9月5日に特別料金を導入します。東京オリンピックに関しては、開催期間が7月23日~8月8日で開催期間の前後数日も特別料金の期間に含まれることになるため注意が必要です。

特別料金では、自家用の普通乗用車・小型乗用車・自動二輪車・軽自動車で指定区間を6~22時に走行した場合、通常料金に対して1000円の割増料金が追加されます。そのため、ETC料金が普通車300円の区間であれば1300円と、4倍以上の通行料金になってしまうのです。

なお、車種区分が軽自動車等・普通車のうち、タクシーなど事業用の車両は割り増し対象外。自家用であっても、貨物自動車や車種区分が普通車の8ナンバー車も通行料金の割り増しは行われません。また、障害者割引の対象となる自動車は、ETC利用限定で事前申請を行うことで割り増しが免除となります。

0~4時は首都高でETC深夜割引を実施

割増料金が追加される指定区間は、中央環状線より内側の全線と、中央環状線から郊外側へ放射状に延びる路線のうち東京23区内が含まれる区間です。ただし、7号小松川線に関しては、篠崎ランプから下り線へ乗った場合、京葉道路のみを走行した扱いとなり割増料金の対象外です。

また、7月19日~8月9日・8月24日~9月5日の期間中は、ETC限定で割増料金とは逆に深夜帯の0~4時に通行料金が50%オフとなる、事実上のETC深夜割引が実施されます。こちらについては、首都高速全線が対象で、大型車や特大車を含むすべての車種区分が割引対象です。

首都高速にはかつてETC深夜割引が存在しましたが、50%オフのような高い割引率が導入されたことはありません。このため、深夜帯の首都高速に自動車が集中し渋滞することも予想されます。東京オリンピック・パラリンピック開催中は、ふだん以上に道路交通情報をこまめにチェックした方がよさそうです。

■「ETC割引」おすすめ記事
ETC限定の「休日割引」は高速が最大50%オフ

■「ETC」おすすめ記事
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
高速ETC深夜割引にSA内で泊まれるホテルを活用
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路は財布を忘れたら料金を後払いできる?
有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事