ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

財布を忘れたら高速道路の料金はどうなるのか?

高速料金の支払い方法には、ETCのほか現金・クレジットカード払いも選べます。しかし、財布自体を忘れてしまい、ETCカードだけでなく現金やクレジットカードもないとなると大変。入口で気づけば財布を取りに帰れますが、出口で始めて気づいた場合は支払いができなくなってしまいます。しかし、そんなときも慌てる必要はありません。


財布を忘れたら高速道路の料金はどうなるのか?

高速道路の出口料金所で財布を忘れた

高速道路の通行料金は、首都高速をはじめとする都市高速や均一制料金の区間を除けば、現金・クレジットカード支払いで利用する場合は出口料金所での後払いが一般的です。このため「出口料金所を通過するときにはじめて現金が足りない」、さらには「財布自体を忘れ現金もカードもないことに気づく」といった事態も考えられます。

とくに、財布を忘れたケースでは支払がまったくできず焦るところですが、高速道路の通行料金についてはその心配は無用。実は、出口料金所で所定の手続きをとることで、通行料金を後払いにすることが可能なのです。

現金が足りない、あるいは現金もカードもない状態で出口料金所へ到着した場合、まずは料金所の係員にそのことを伝えます。すると、料金所脇にある事務所へと誘導され、住所・氏名の確認を行ったうえで出口料金所を通過することができるのです。

財布を忘れたら高速道路事務所に送る

支払えなかった通行料金は、10日以内に当該料金所または支社など所定の事務所へ現金書留で送ればOK。ただし、10日を超えて支払いを行わないと、不正走行とみなされ通行料金の3倍を請求される可能性が出てくるため、早めの支払いが大切です。

ETCで走行する場合、料金所で直接支払うわけではないため、現金やカードの持ち合わせを心配する必要はありません。また、ETCに紐付けされたクレジットカードが利用限度額オーバーで一時的に利用停止となっている場合も、ETCレーンの通過自体は問題なく行えます。

これは、ETCレーンでは認証作業を高速化するためにETCカード情報のチェックはカード番号や有効期限など最小限に抑える仕組みとなっているため。とはいえ、利用限度額超えの状態でETC走行を繰り返すと、今度はカードの会員資格上、問題となる可能性が出てくるので、限度額オーバーは早めに解消するようにしましょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事