ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

エレベーターのボタン2度押しが効かない時は?

エレベーターで気まずいのが、行き先階ボタンの押し間違え。とくに満員のエレベーターでボタンを押し間違えたときは、すぐにでもキャンセルしたいところでしょう。そんなエレベーターの行き先階取り消しコマンドはボタン2度押しが基本。ただし、メーカーで微妙にコマンドが異なっているのでした。


スポンサーリンク
エレベーターのボタン2度押しが効かない時は?

エレベーターのボタンを長押しする

エレベーターの行き先階を押し間違えた時に、ボタン2度押しするコマンドはいまや常識といえるかもしれません。1990年以降に作られたエレベーターには、省エネを目的として行先階の取り消し機能が搭載されている場合が多いのです。

とはいえ、エレベーターのボタンを2度押ししても、行き先階を取り消せない場合があります。じつは、エレベーターの行き先階取り消しコマンドはメーカーごとに微妙に違っていることがあるのです。

エレベーターの国内シェアトップといわれる三菱電機の取り消しコマンドは、取り消したい階数ボタンの2度押しか、取り消したい階数ボタンの長押しです。国内シェア2位の日立ビルシステムは、取り消したい階数ボタンを長押しします。

エレベーターのボタンを3度押し

国内シェア3位の東芝エレベータは、取り消したい階数ボタンを2度押しするか、3度押しするかです。このほか、取り消したい階数ボタンを押して点滅したら再度押すという機種もあります。

3社に次いでシェアの高いフジテックは、取り消したい階数ボタンを2度押しするか5連打するかです。次いでシェアの高い日本オーチスは、エレベーターの扉が開いている時に「開」ボタンを押したまま、取り消したい階数ボタンを押すというのが取り消し方法。2度押しでも取り消せる機種もあります。

このほか、パナソニック電工(旧松下電工)は、取り消したい階数ボタンの2度押しが基本ですが、エレベーターの扉が開いている時のみ有効の場合もあります。エレベーターのボタン2度押しが効かないときは、これらの取り消し方法にチャレンジしてみるとよいでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事