ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オリンパスのミラーレス一眼は同じ隠しコマンド

オリンパスのミラーレス一眼には恒例ともいえる「上・下・左・右」の隠しコマンドが存在。シャッター数やストロボ発光数といった使用状況や、センサークリーニング回数などのメンテナンス状況を表示することができます。しかも、オリンパスのミラーレス一眼なら隠しコマンドはいずれの機種も同じ手順なのです。


スポンサーリンク
オリンパス一眼レフには同じ手順の隠しコマンド

隠しコマンドで使用状況が一目瞭然

オリンパスのミラーレス一眼は、初心者向けのPENシリーズと中上級者向けのOM-Dシリーズが存在。前者は「E-PM1」「E-PL2」「E-PL7」など、後者は「OM-D E-M5」「DM-D E-M5 MarkⅡ」などが知られています。

これらオリンパスのミラーレス一眼には、同じ手順の隠しコマンドが存在。シャッター数やストロボ数などの使用状況や、センサークリーニングやダストリダクションの回数などのメンテナンス状況が一目瞭然です。

オリンパスのミラーレス一眼の隠しコマンドは、まず「Menu」を押しながら電源オン。起動したらボタンを離します。続いて「Menu」から「モニター調整」を選択。OKボタンを押します。

隠しコマンドは上・下・左・右の順

隠しコマンドは、さらに「INFO」を押し、次に「OK」をプッシュ。液晶画面に「OLYMPUS」の文字と型番、数字が表示が表示されます。ここで「セレクトボタンを、上・下・左・右の順で押すのです。

ここでシャッターを押すと、画面に「PAGE-1」が表示されます。セレクトボタン左右で、ページが切り替わる仕組みです。この画面のうち「PAGE-2」が使用状況やメンテナンス状況がわかる画面になります。

「R」がリリース(シャッター)回数で「S」がストロボ発光回数です。また「C」がセンサークリーニング回数で、「U」がダストリダクション回数。こんほか「V」がライブビュー回数、「B」が手ブレ補正回数となっています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事