ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

エレベーター二度押しキャンセルがダメな時は?

エレベーターの行き先階を押し間違えて、誰も乗り降りしない階で止まってしまった時の気まずさはあまり経験したくないもの。そこで役立つのが、エレベーターの行き先階のキャンセル。基本的には間違って押したボタンを二度押しするダブルタップが基本ですが、それが通用しない時に試すべきコマンドを紹介しましょう。


エレベーター二度押しキャンセルがダメな時は?

エレベーターにはキャンセル機能

エレベーターの行き先階を押し間違えた時に、ボタンを二度押しするコマンドはいまや常識。1990年以降に作られたエレベーターには、省エネ目的で行き先キャンセル機能が備わっていることが多いようです。

しかし、エレベーターの型番によってはボタンの押し方に微妙な違いがある場合や、そもそもキャンセルに対応していないこともあります。そこで、エレベーターの二度押しキャンセルが効かない時に試すべきコマンドをメーカー別に見ていきましょう。

国内シェアトップといわれる三菱電機のエレベーターで二度押しキャンセルが通用しない時は「キャンセルしたい階数ボタンを長押し」という方法があります。また、国内シェア2位の日立ビルシステムのエレベーターでも、二度押しがダメなら「キャンセルしたい階数ボタンを長押し」になります。

このため、エレベーターで行き先階を間違えて押してキャンセルしたい時に、ボタンの「二度押し」がダメな時は「長押し」を試すのが基本です。

エレベーターの3回押しキャンセル

ただし、国内シェア3位の東芝エレベータの場合、二度押しが通用しない時は「キャンセルしたい階数ボタンを三回押す」もしくは「キャンセルしたい階数ボタンを押して点滅中に再度押す」というものです。

このほか、フジテックは「キャンセルしたい階数ボタンを5連打する」という方法があります。日本オーチスの場合は、扉が開いている時に「開ボタンを押したままキャンセルしたい階数ボタンを押す」です。

なお「車いす兼用エレベーター」では、車いす用のボタンが押されると、通常よりも長く(約10秒間)扉が開くようになっている場合があります。近くにあるからといって、むやみに車いす用のボタンを押すのは控えましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事