ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

液晶テレビの隠しコマンドで「サービスモード」

液晶テレビで隠しコマンドを入力すると「サービスモード」に入ることが可能。サービスモードでは、エラーチェックに加えて輝度やコントラストの微調整など、通常の映像設定よりも詳細なチューニングが可能になります。中古テレビの画質UPなどに応用できます。各メーカーの液晶テレビの隠しコマンドを見ていきましょう。


液晶テレビの隠しコマンドで「サービスモード」

サービスモードは数十段階で調整可能

ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」の隠しコマンドは、まずリモコンで電源をオフにします。続いて、リモコンで「画面表示」→「5」→「音量+」→「電源」の順に押すとサービスモードとなるのです。サービスモードでは、放送の解像度・ビットレート・アスペクト比などを確認できます。

パナソニックの旧「VIERA」の隠しコマンドは、テレビ本体の「音量-」を押しながら、リモコンの「画面表示」を3回連続で押すことで、サービスモードが起動。専用メニューが画面左上に出現します。コントラストや彩度などの9項目を、数十段階で調整可能です。

三菱電機の液晶テレビ「REAL」の隠しコマンドは、電源オフの状態で本体のチャンネルボタン「∨」と電源ボタンを長押し(15秒以上)。すると、サービスモードが起動するので、自己診断などが実行可能。HDD内蔵機ならHDD換装も行えます。

サービスモードでシステムリセット

東芝の液晶テレビ「REGZA」の隠しコマンドは、電源をオンにしてリモコンで「消音」を押します。再度「消音」を押したまま、本体の「放送切換」をプッシュ。画面右上に「S」マークが出て、サービスモードが起動します。これでエラーの発生箇所や信号強度などを調べられるのです。

シャープの液晶テレビ「AQUOS」の隠しコマンドは、電源オンの状態で電源ケーブルを抜きます。続いて、本体の「音量-」と「入力切替」を押しながら、電源ケーブルを挿すのです。画面左上に「K」と表示されたら、「音量-」と選局ボタン「∨」を同時押しでサービスモードに突入します。

AQUOSのサービスモードでは水平・垂直・色合いなどの確認が可能。システムの強制リセットなどもできます。

マーシャルの「ジェネリックREGZA」の隠しコマンドは、電源をオンにしてリモコンで「消音」を押します。再度「消音」を押したまま、本体の「機能切換」を押すとサービスモードに突入。HDMI入力のON/OFFなど、ホテル用の設定が行えます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事