ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

エレベーターのキャンセルは二度押し?長押し?

エレベーターあるあるといえば、混雑したエレベーターでの行き先階の押し間違い。最近では、エレベーターの行き先階キャンセルはボタン二度押しが基本ということもだいぶ知られてきました。ただし、エレベーターのキャンセル方法はメーカーによっては微妙に違っているのです。


エレベーターのキャンセルは二度押し?長押し?

エレベーターのキャンセルコマンド

エレベーターで行き先階ボタンを押し間違えた時に、点灯階のボタンを二度押しする光景をよく目にするようになりました。とはいえ、エレベーターのボタンを二度押ししても、行き先階を取り消せなかった光景もこれまたよく目にします。

1990年以降に作られたエレベーターには、省エネを目的として行き先階のキャンセル機能が搭載されていることが多くなっています。ただし、エレベーターの行き先階キャンセルコマンドはメーカーごとに微妙に違っていることがあるのです。

そこで、メーカー別のエレベーターの行き先階キャンセルコマンドを確認していきましょう。まずは国内シェアトップといわれる三菱電機の場合、キャンセルしたい階数ボタンの「二度押し」か「長押し」です。

国内シェア2位の日立ビルシステムのエレベーターは、キャンセルしたい階数ボタンを「長押し」します。国内シェア3位の東芝エレベータは、キャンセルしたい階数ボタンを「二度押し」するか「三度押し」するかです。このほか、取り消したい階数ボタンを押して点滅したら再度押すという機種もあります。

エレベータのキャンセルはいろいろ

3社に次いでシェアの高いフジテックは、キャンセルしたい階数ボタンを「二度押し」するか「5連打」するかです。次いでシェアの高い日本オーチスは、エレベーターの扉が開いている時に「開」ボタンを押したまま、取り消したい階数ボタンを押すという取り消し方法。「二度押し」でもキャンセルできる機種もあります。

このほか、パナソニック電工(旧松下電工)は取り消したい階数ボタンの「二度押し」が基本ですが、エレベーターの扉が開いている時のみ有効という機種もあるので要注意です。

このように、エレベーターの行き先階キャンセル方法は二度押し以外にもいろいろ存在していてるもの。二度押しでキャンセルできないときは、これらの方法をトライすると取り消せるかもしれません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事