ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カード決済でサインより暗証番号が使われる理由

ショッピングなどでクレジットカードを利用すると、本人証明としてサインを求めらることが普通でした。しかし、最近ではサインの代わりに決済端末に暗証番号を入力するパターンの方が圧倒的に多く、とくに大手チェーン店では暗証番号方式となっています。サインが暗証番号へ置き換わっているのは、安全上の理由からなのです。


カード決済でサインより暗証番号が使われる理由

カード決済は暗証番号のほうが安全

クレジットカードの暗証番号といえば、かつてはキャッシング時にATM操作の認証で利用するケースなど、限られた場所のみで使われてきました。ところが、2020年から大手チェーン店などでのカード決済を行うと、従来のように伝票へサインする代わりに決済端末へ暗証番号の入力を求められることが増えています。

サインと暗証番号のどちらが便利かは、カード利用者の好みもあり判断はわかれるところですが、カードの安全面から見た場合、暗証番号方式の方が圧倒的に優れています。というのも、現在発行されているICチップ内蔵カードと暗証番号を組みあわせることで、カードの偽造や情報流出の恐れを大きく減らせるためです。

ICチップ内蔵カードが偽造に強いのは、ICチップ内へ格納された情報の一部に「秘匿領域」が存在するためです。秘匿領域の情報は高度に暗号化されるだけでなく、構造上は外部からの読み取り不能。一方で、正しい秘匿領域の情報がないとカード利用が不可能な仕組みで、偽造カードを複製することが極めて難しいのです。

カード決済の暗証番号で不正使用防止

また、ICチップを利用したカード決済で暗証番号を利用するのは、店舗側にカード利用情報を残さないためです。利用伝票にサインを残す従来の方式では、店舗にカード番号とサインが残り、そこから店舗側が架空の伝票を作成して請求するという不正が可能。実際、過去には多くのカード不正利用でこの手口が使われてきました。

一方、ICチップ内蔵カードで暗証番号決済を行う場合、カードの認証は店舗ではなく外部認証サーバーで行われ、店舗側のカード決済端末は暗証番号も含めて暗号化された情報が通過するのみ。店舗側でカード情報を読み取り、架空請求を行うことは不可能です。

とはいえ、クレジットカードがICチップ内蔵となっても、店舗側の端末がICチップ対応にならないと暗証番号を組み合わせた決済は利用不可。この点で、日本はまだ遅れをとっており、当初2020年3月末までに全端末をICチップ対応とする予定でしたが、端末の製造遅れなどの理由により、対応は2022年までずれ込む見通しです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事