ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニのチキンをお肉の割合で選ぶならセブン

コンビニのチキンは人気商品。「ファミチキ」や「Lチキ」など、各コンビニチェーンも力を入れて展開しています。そこで、コンビニのチキンはどれがお得なのか、お肉の割合を調べてみました。加えて、コンビニで人気のアメリカンドックについても、ソーセージの割合で比較してみましょう。


スポンサーリンク
コンビニのチキンをお肉の割合で選ぶならセブン

コンビニのチキンはセブンがダントツ

今回ピックアップしたコンビニのチキンの中では、セブンイレブンの「揚げ鶏」の衣が薄くダントツの59.1%という肉の割合でした。その分価格は188円とやや高いですが、他と比べて厚みもありしっかりと肉を感じられる一品です。

肉の割合は45.0%と2位ながら、総重量は最大で100gに迫る大きさだったのはローソンの「Lチキ旨塩チキン」。セブンに比べると衣の割合は高いものの、価格が150円と安くお得感の高い商品といえるでしょう。

衣アリ・ナシともに3社の中では最小で、さらに肉の割合も40%以下という残念な結果になったのが、ファミリーマートの「ファミチキ」。チキンを食べているというより、衣をかじっている印象です。価格は180円となっています。

コンビニのアメリカンドックもセブン

コンビニのアメリカンドックはいずれも108円。このうち、セブンイレブンの「ビッグアメリカンドッグ」がソーセージの割合が最も高い33.0%でした。サイズは5.2W×16.5Hcmと3社中2位。直径も最大で食べ応えも十分です。

ファミリーマートの「アメリカンドッグ」は、3社の中で唯一の100gを超えるビッグサイズながら、ソーセージの割合では31.7%で惜しくもセブンに負ける結果になりました。とはいえ、ボリュームは十分でしょう。サイズは5.0W×17.2Hcmです。

ローソンの「ジャンボアメリカンドッグ」はサイズ・重さともに最も小さく、ソーセージの割合も最低となる31%。ソーセージの重さはファミマと5gの差がありました。他2社に比べるとコスパは低いでしょう。サイズは4.8W×15.8Hcmです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事