ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソー「おもちゃギター」をエレキ仕様に改造

ダイソーのおもちゃギターは、ウクレレ風の4弦仕様でチューニングも可能。このおもちゃギターをエレキ化してみました。さらにエフェクトでリバーブがかかるように改造してみましょう。おもちゃギターの元の音はチープですが、エレキ化してエフェクト効果をかけると人を不安にさせるヤバめな音になりました。


スポンサーリンク
ダイソー「おもちゃギター」をエレキ仕様に改造

おもちゃギターに圧電スピーカー

主な材料はダイソーのおもちゃギターとエコーマイク、セリアのスピーカー。このほかに6.3mmステレオジャック×2、フォンコネクタ×1、圧電スピーカー24/35mm×各1、アンプキット×1、ケーブル、電池ボックス、アンプ収納ケースなどです。

おもちゃギターの改造手順は、まず圧電スピーカーをギターに貼り、アンプとセリアのスピーカーを接続。フォンコネクタと圧電スピーカーをケーブルで適当な長さにしてハンダで接続します。

次に、ギター表面の音が響く箇所に24mm径の圧電スピーカーを貼ってピックアップにします。おもちゃギターの圧電スピーカーが拾った音をアンプで増幅、さらにセリアのスピーカーにつないで音が出るようにします。

おもちゃギターの音にエフェクト

この手順でおもちゃギターのエレキ化は完成です。エレキ化だけでは少し物足りないので、ダイソーのエコーマイクのバネを使ってエフェクト効果機能を追加します。エコーマイクは、中に入っているバネを音が通ると振動して音が震える仕組みです。

このバネを利用してリバーブ音を作ります。スピーカーにつないだバネを、35mmの圧電スピーカーと接続。そして、圧電スピーカーからの音がスピーカーなどで出力できるようにステレオジャックを取り付けます。

スピーカー、アンプ、電池ボックスをケースに納めて、ステレオジャックのINとOUTをケースに外付けすれば完成。おもちゃギターを奏でると、出力用の外部スピーカーからエフェクトのかかった音が再生されます。

■「改造」おすすめ記事
暗視カメラは格安Webカメラの改造で作れる!
iPhoneを防水仕様に自分で改造する方法とは?
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造
バイク盗難防止グッズを車内設置用にプチ改造
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事