ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

無線LANルーターをボウルを使って飛距離アップ

自宅のどこにいてもネット接続できるようになる無線LANルーターは、指向性アンテナが付いていないため全方位へ電波が飛んでいます。そのお陰でどこにいても通信できるわけですが、そのぶん飛距離は大幅に減ってしまいます。そこで、ステンレスのボウルを使って無線LANルーターを飛距離アップしましょう。


スポンサーリンク
無線LANルーターをボウルを使って飛距離アップ

無線LANルーターをボウルにセット

無線LANルーターは電波の飛びがよくないからといって、勝手に出力を上げると電波法違反です。そこで、反射波を利用して、効率良く電波を送信するようにします。原理的には、パラボラアンテナの逆バージョンです。

無線LANルーターを簡単に飛距離アップするための材料は100均ショップで売られているステンレスボウルとブックエンドとスマホスタンド。ブックエンドでステンレスボウルを固定して、その中にスマホスタンドで無線LANルーターをセットします。

今回は、無線LANルーター用に大きめのスマホスタンド、モバイルWi-Fiルーター用に小さめのスマホスタンドを用意。それぞれどれくらい電波強度が変化したかを測定してみました。

無線LANルーターの電波強度を測定

作業する手順は、まずブックエンドの穴の高さに合わせて、ステンレスボウルの底にドリルで穴開け。穴は1か所で十分です。穴が開いたら、ネジでブックエンドとステンレスボウルを固定します。

ステンレスボウル内にスマホスタンドをセットすれば完成。さっそく、ステンレスボウルでWi-Fiルータがどれだけパワーアップしたのか、約10m離れたスマホで電波強度を調査しました。使用したアプリは「WiFiアナライザー」です。

無線LANルーターをセットした場合は「-64dBm」から「-56dBm」に少しアップ。本体に比べて反射鏡が小さいため効果はわずかでした。一方、モバイルWi-Fiルーターをセットすると「-41dBm」に大幅にアップ。本体が小さいため、前方へ効率よくアンテナの反射波が飛ぶようです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事