ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JREポイントのオフピークポイントが3月15日開始

首都圏では新型コロナウイルス感染症の流行が収まりをみせず、東京都心へ通勤する人のなかには、満員電車を避けるために時差通勤を行っている人も多いでしょう。そうした動きを後押しするサービスが、3月15日からJR東日本でスタート。ビークを避けるとJREポイントが貯まるこのサービスは、どのように乗ると貯まるのでしょうか。


JREポイントのオフピークポイントが3月15日開始

JREポイントがオフピークで貯まる

JR東日本が2021年3月15日から開始する「オフピークポイントサービス」は、首都圏エリアでのSuica定期券利用者が時差通勤をした回数に応じて、同社のポイントプログラム「JREポイント」のポイントが貯まるというものです。このポイントを貯めるには、まずSuica定期券の購入とJREポイントの会員登録が必要となります。

オフピークポイントの対象エリアは、成田駅・成田空港駅・成東駅・上総一ノ宮駅・君津駅・小田原駅・大月駅・青梅駅・高麗川駅・本庄駅・古河駅・土浦駅に囲まれた区間。山手線・京葉線・東金線・根岸線・横須賀線・横浜線・相模線・南武線・鶴見線・武蔵野線・埼京線・川越線・五日市線は全線対象で、久留里線は対象外です。

オフピークポイントを受け取るには、まずJREポイントのWebサイトからサービスへのエントリー。その後に各駅ごとに指定された時間帯に登録したSuica定期券で改札口を通過するごとにJREポイントが貯まっていきます。貯まるポイント数は、ピークより早い時間帯が1回15ポイント、遅い時間帯が20ポイントです。

2か月ごとにJREポイント還元を実施

各駅ごとに指定されたオフピークポイント対象になる時間帯は、品川駅が6時30分~7時30分と9~10時、藤沢駅が5時50分~6時50分と8時20分~9時20分といった具合。各駅の指定時間帯を見る限り、東京駅・品川駅・新宿駅・池袋駅に6時30分~7時30分・9~10時に到着する時間帯に設定されているようです。

各駅ごとの対象時間帯を細かく見ていくと、1日2回ポイント還元を受けられそうな乗車方法も存在。例えば、藤沢駅を8時20分に乗車して品川駅で下車し、もう一度品川駅から乗車すれば2回分ポイントが貯まりそうです。しかし、JR東日本へ確認したところ、オフピークポイントが貯まるのは1日1回とのことです。

また、オフピークポイントが還元されるのは2か月ごとで、JREポイント会員に登録すると発行される「JRE POINT交換番号」が奇数の人は奇数月、偶数の人は偶数月に前月までの2か月分が還元されます。例えば、JREポイント交換番号が偶数の場合、2021年6月1日に4月1日~5月31日のポイントが還元される仕組みです。


JREポイントがもらえる対象外パターン

なお、オフピークポイントサービスにはSuica定期券を利用していてもJREポイントがもらえる対象外となる乗車パターンがいくつかあります。ひとつは、乗車駅や降車駅でJR東日本以外が管理する改札口を通過するケースです。例えば、新宿駅で京王線・小田急線の乗り換え改札口を利用した場合は、オフピークポイントサービス対象外です。

この例外があるため、羽沢横浜国大駅~武蔵小杉駅が含まれるケースはどのようなパターンの乗車でもオフピークポイントサービスの対象路線から外れています。改札口が小田急管理の厚木駅、京急管理の八丁畷駅、東京メトロ管理の綾瀬駅からの乗車についても同様です。

東北・上越新幹線を利用するケースでは、新幹線定期券「FREX」「FREXパル」はオフピークポイントサービスの対象外。一方、在来線のSuica定期券でチャージ残高を使い新新幹線へ乗車した場合は、オフピークポイントを受け取れます。ちなみに、Suica定期券でチャージ残高を使い新幹線へ乗車できるのは、2駅以上の区間です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事