ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

転売よりも確実に儲かる購入代行の料金システム

コストコはよくテレビで取り上げられる割に店舗数が少なく、4,320円の年会費がかかるため非会員は買い物が困難。知名度があるのに買いに行きにくいので、転売には非常に向いています。そして、転売よりも確実に儲かるのが購入代行。その料金システムを詳しく見てみましょう。



スポンサーリンク
転売よりも確実に儲かる購入代行の料金システム

転売のような在庫のリスクがない

仕入れ先の近くに住んでいるなら「購入代行」も商売になります。コストコで仕入れて売るのは転売と同じですが、注文が入ってから仕入れるため、転売のような在庫のリスクがありません。ここが大きなメリットです。

Webサイトを作って注文を待ち、いざ注文が入ったら迅速に仕入れを行い発送。購入代金に手数料や送料を上乗せし、そこが利益になる仕組みです。

しかし、料金システムを間違えると、発送の手間ばかりかかって全然儲からない可能性もあります。購入代行の価格設定は慎重に行いましょう。

転売よりも儲かる購入代行の料金

そこで、転売よりも儲かる購入代行の料金システムの一例を紹介します。1つは「購入代金の20%が手数料(送料込み)」というもの。シンプルな料金設定が魅力ですが、総量がいかに安く抑えられるかがカギになります。

2つめは「購入代金の10%が手数料+送料」というもの。確実に10%の手数料が手に入りますが、購入代金が少ないとあまり実入りがありません。

3つめは「手数料は買い物1回に付き2,000円」というもの。購入する商品の点数やサイズ・重さに影響を受けるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。(文/秋本録画)

■「転売」おすすめ記事
ヤフオク転売に最適な高額レアグッズカタログ
転売で欠かせない価格調査ツールで相場を調べる
転売の販売先は手数料で選ぶとAmazonかヤフオク
転売するなら月額無料のフリマアプリが狙い目
転売なら一番簡単に利益が出る家電アウトレット

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事