ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フィッシング詐欺を効果的に撃退する3つの方法

フィッシング詐欺対策として、パスワードの使い回しを止めてパスワードそのものも頻繁に変更すれば、被害は最小限に抑えられます。しかし、セキュリティを高めるほどパスワードは長大・複雑となり、変更や管理に手間がかかって非現実的です。フィッシング詐欺を効果的に撃退する3つの方法を紹介します。


スポンサーリンク
フィッシング詐欺を効果的に撃退する3つの方法

フィッシング詐欺の被害に補償

フィッシング詐欺を効果的に撃退する1つめの方法は、ワンタイムパスワードが有効です。既に銀行の多くが、1度しか使えない「ワンタイムパスワード」を採用。通常のパスワードとは別に、専用のスマホアプリやワンタイムパスワード生成器を利用することで、ネットからの不正送金を防ぎます。

これならフィッシング詐欺でIDやパスワードを盗まれても安心。カード会社・Apple・Googleなどでは、不正利用被害に補償があることも覚えておくといいでしょう。

フィッシング詐欺を効果的に撃退する2つめの方法は、出先で無線LANを使わないことです。偽アクセスポイントを設置されていたら、IDやパスワードを含むデータ通信の中身は、丸っと覗かれてしまいます。

フィッシング詐欺対策に無料VPN

特にスマホだと何の疑いもなくフリーのWi-Fiスポットを利用しがちですが、暗号化されていないので危険。有料の公衆無線LANのセキュリティも万全ではありません。自宅以外でWi-Fiを使わないようにするのベストです。

フィッシング詐欺を効果的に撃退する3つめの方法は、無料のVPN網を使うこと。URL確認は詐欺サイトチェックの基本ですが、偽アクセスポイントなどが使われるとお手上げです。

無線LANを少しでも安全に使うには、VPN(仮想プライベートネットワーク)アプリの利用がオススメ。アクセスポイントから暗号通信を行い、1度別の場所を経由してからネットに接続。速度は落ちますが、個人情報が漏れにくくなります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事