ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マイナンバーで副業バレのリスクを下げる方法

マイナンバー制度が導入されると会社に副業がばれる可能性が高くなります。マイナンバーを会社に提出すると他の従業員と住民税の差が明確に出てしまい、副業に気づいてしまうからです。そこで、マイナンバーで副業バレするリスクを下げる3つの方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
マイナンバーで副業バレのリスクを下げる方法

マイナンバーで副業に気づく可能性

マイナンバー制度が導入されると、社員、契約社員、アルバイトなど雇用形態を問わず、マイナンバーを会社に提出しなければなりません。

その結果、副業で得た収入も本業の給与に合算されてしまうことになります。すると他の従業員と住民税の差が明確に出てしまい、経理担当者などがマイナンバーで副業に気づく可能性が高まります。

また、確定申告を行っていなければ所得税の追徴が来るなど、副業をこれまで通り隠すのは難しくなるでしょう。しかし、100%ではありませんが対策は可能です。

そこで、マイナンバーの副業バレのリスクを下げる3つの方法を紹介しましょう。まずは、副業分の住民税を自分で納付する方法があります。

マイナンバーの副業バレを避ける

確定申告書第2表にある「住民税の徴収方法の選択」で「自分で納付」をチェックし、「普通徴収」を選択。納税通知書で自分で税金を払うのです。なお、原稿料やアフィリエイトなど報酬名目の副業収入でのみ、この方法が使えます。

現金以外の形でもらうのもマイナンバーの副業バレを避ける方法です。楽天ポイントや現物支給、商品券、金券などで報酬をもらいます。価値の下がらない切手もOK。副業先のボスに交渉してみるとよいでしょう。

副業先にマイナンバーを申告しないという方法もあります。現状、申告しなくても具体的なペナルティはありません。社内で冷遇される可能性はありますが、収入源を失くすダメージを考えると悪い選択ではないといえます。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。

■「マイナンバー副業」おすすめ記事
マイナンバーで副業はますますバレやすくなる

■「マイナンバー」おすすめ記事
副収入がマイナンバー導入後でもバレない裏ワザ
マイナンバー制度とは東日本大震災が転機だった
マイナンバー制度のデメリットがあまりに多い件
マイナンバーのスケジュールと使い方を把握する
マイナンバーは海外に移住しても逃れられない!?
個人番号カードは通知カードが来たら作るべき?

■「副業」おすすめ記事
サラリーマンの副業!ボーダーラインを見極める
副業がばれないのは確定申告で住民税で払うから
副業バレでサラリーマンを解雇されたときは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事