ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

窓の防犯対策はホームセンターですべて揃う

空き巣の侵入手口として1番多いのは窓破り。クレセント錠の周辺のガラスを割ってカギを開け、家の中に侵入する手口。玄関カギのピッキングのように特殊な技術が必要ないため、狙われやすいのです。ホームセンターで買えるグッズを使って防犯対策を施しましょう。



スポンサーリンク
窓の防犯対策はホームセンターで揃う

窓ガラスを格安で防犯対策

泥棒は音を嫌う傾向にあります。そこで取り付けたいのが、窓サッシ用の防犯対策グッズ「マドアラーム」です。実勢価格は3,218円です。

「マドアラーム」は、付属の強力両面テープで貼付けるだけだから簡単。黒いゴム部分に窓枠が強く当たると、ブザーとLEDが点灯する仕組みです。このため窓を無理矢理開けようとすると、大音量のアラームが発生し、LEDが赤く点滅します。

窓ガラスを防犯ガラスに替えるのはお金がかかりますが、「tec-SHiELD」でカギ周りだけを補強すれば格安で防犯対策が可能。実勢価格は1,598円です。

「tec-SHiELD」は2層のポリエステルフィルムで、破壊や熱からガラスを守ります。厚さ175ミクロンと極薄で、透明度が高いのもポイントです。実際、tec-SHiELDを貼り付けたガラス板をハンマーで叩くと…。ヒビが入る程度で完全には割れませんでした。

窓のカギにかぶせて使う防犯対策

また、窓のカギにかぶせて使う防犯対策がクレセント錠の補助カギ「まど守りくん190-U」。付属のカギはピッキングに強いディンプルキーなので、たとえ窓が破られても簡単に侵入を許しません。価格も802円と手頃です。

お風呂場で使える防水仕様のアラーム「ABA-202」もあります。窓が振動すると、100dBのアラームが20秒鳴ります。価格は1,382円です。

窓のクレセント錠を外から見えないようにガードする防犯プレートもあります。「SecurityPlate」のメッセージで威圧感を与えられます。価格は1,944円です。この情報は『ラジオライフ』2015年3月号に掲載されていました。

■「防犯対策」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がマンションを狙うときの4つのポイント
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事