ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

サーモグラフィ撮影ができる多機能赤外線カメラ

対象物から出ている赤外線放射エネルギーを可視化してくれる赤外線サーモグラフィ。プロ仕様だと数十万単位はザラで、しかも本体サイズが大きく持ち運びしにくいのがネックです。そこで、胸ポケットに収まるコンパクトな赤外線サーモグラフィカメラを紹介しましょう。



スポンサーリンク
サーモグラフィ撮影ができる多機能赤外線カメラ

サーモグラフィがポケットサイズ

「FLIR C2」は、世界初ポケットサイズの多機能赤外線サーモグラフィ。スマホと同じくらいの大きさなので手軽に扱えるのが特徴です。

サーモグラフィは現場での検査作業、食品の品質・衛生管理などにおいて、いつでも、どこでも使用できます。また、同じようなサーモグラフィ機能を登載した商品の中では、手頃な10万円以下の価格も魅力です。

このサーモグラフィは、モニターをタッチすると各種設定が可能。画像再生、イメージモード、中心スポット設定、カラー設定、フラッシュなどのメニューがあります。

サーモグラフィで暗闇を撮影した

実際に、屋外の暗闇の中でサーモグラフィ撮影してみました。すると、体の部分だけが赤く周囲との温度差により、存在を確認可能です。PCを撮影すると、どの部分が熱くなっているか分かるのでメンテナンスなどの参考になります。

サーモグラフィの基本スペックは、視野角は41度×31度、モニター解像度は320×240ピクセルで、保存形式はJPGです。

電源がリチウムイオン電池で、動作時間は2時間。サイズは125W×80H×24Dmmで、重さは130gとなっています。実勢価格は84,498円です。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「サーモグラフィ撮影」おすすめ記事
サーモグラフィ撮影でスマホを暗視カメラにする

■「赤外線カメラ」おすすめ記事
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
暗視カメラにもなる赤外線付き小型トイカメラ
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
赤外線カメラをデジタルにしたフォトスナイパー

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事