ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ピッキングで狙われるディスクシリンダー錠とは

中国人窃盗団による空き巣被害が問題になった時期にピッキングで狙われたのが、カギ溝の浅いディスクシリンダー錠の家屋でした。現在では製造は終了したものの、いまだに自宅のドアで一定数使用されているのです。ピッキングで狙われたディスクシリンダー錠を詳しく見ていきます。



スポンサーリンク
ピッキングで狙われるディスクシリンダー錠とは

ピッキングツールは日本では所持禁止

ディスクシリンダー錠のカギ内部は、ディスクタンブラー(ピン)が組み込まれています。鍵を差し込まない状態では、ディスクタンブラーが外側に飛び出しているためドアノブを回すことができません。

正しい鍵を差し込むと、すべてのディスクタンブラーが平衡状態に揃ってドアノブを回せるというわけです。このタンブラーが揃った状態を、ピックとテンションで作り上げるのがピッキングです。

なお、日本では専門業者以外の所持が禁止されているピッキングツール。しかし、海外の通販サイトから入手できてしまうのが現状です。

ピッキングで狙われたH248型は注意

ピッキングのやり方はまず、カギ穴にテンションを挿し込んでキーを回す方向に軽く力を加えます。続いてピックを挿し込み、タンブラーを動かしてシアラインを揃えるとロックが解除される仕組みです。

テンションは、キーを回す方向に力を加えるために使用。ピンがバネで戻ってこないように、内筒を回して固定する役割に使います。この状態でピックで各ピンを動かして、すべてのピンを平行状態に揃えるわけです。

特に集中的にピッキングで狙われた「H248」型のカギを使用しているドアは要注意。左右表裏に穴のあるGOAL社製のディンプルキーに替えるなど、早急な対策に努めましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「鍵」おすすめ記事
自転車の鍵はボルトカッターで簡単に切断できる
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
車上荒らしが使うオリジナル解錠ツールを検証

■「防犯対策」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
窓の防犯対策はホームセンターですべて揃う
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
ホームセキュリティを格安で実現するグッズ
ホームセキュリティを自分で格安で構築する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。