ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反の赤キップと青キップの違いとは?

スピード違反の取り締まりは大きく分けて2種類あります。現場で直ちに違反キップを切るケースと、後で呼び出して違反キップを切るスタイルです。ただし、違反キップには赤キップと青キップが存在しています。スピード違反の赤キップと青キップの違いを解説していきましょう。


スポンサーリンク
スピード違反の赤キップと青キップの違いとは?

スピード違反で切られる違反キップ

その場で違反キップを切るスピード取り締まりは、道端にレーダー式または光電式の測定機を設置して違反車を待ち伏せる「ネズミ捕り」や、測定機を使わずにパトカーや白バイが違反車の後方にくっついて走って取り締まる「追尾式」など。違反車に停止を命じ、その場で違反キップを切ります。

一方、固定式または移動式の「オービス」の場合は、現場では測定と撮影を行うだけ。写真にはクルマのナンバーと運転者が写り込んでおり、測定値が自動的に焼き付けられています。ナンバーを元にクルマの所有者に通知し、違反者を警察署へ呼び出して違反キップを切るのです。

ちなみに「違反キップを切る」というのは、取り締まりに使う書類は5枚くらいで1綴りになっていて、1枚をピッと外して違反者に交付するところからきています。

スピード違反の赤キップと青キップ

そして、その1枚目の書類はスピード違反の場合、超過速度が30km/h未満(高速道では40km/h未満)だと青色、30km/h以上(高速道は40km/h以上)だと赤色です。このため、それぞれを青キップ、赤キップといいます。

青キップの場合、一緒に交付される納付書で銀行や郵便局に「反則金」を払えばそれで終わり。金額は超過速度によって法令で決まっています。

赤キップの場合は、反則金の納付書は交付されません。後日、いわゆる交通裁判所に呼び出されます。とくに不服がなければ略式の裁判になりますが、略式は法廷を開きません。待合室で待っているうちに呼ばれ、徴収の窓口で「罰金」を払うことになります。

ただし、超過速度がすごく高いと罰金では済みません。正式な裁判となり、被告人として法廷に立たされ、懲役刑を求刑されます。普通は執行猶予がつきますが、法廷で判決がいい渡されることになるのです。

■「スピード違反」おすすめ記事
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン

■「取り締まり」おすすめ記事
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事