ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEトークをiPadから盗聴する方法とは

元来、LINEの1アカウントでログインできるのは1台のスマホだけでした。しかし、現在はPCクライアントやiPadアプリからスマホで使用しているアカウントを利用して、ログインが可能。この方法を使うと、スマホのLINEトークをiPadから覗き見できてしまうのです。



スポンサーリンク
LINEトークをiPadから覗き見

LINEトークがiPadから覗き放題

PCやiPad用のLINEは1度ログインしてしまえば、次回からはログインを求められることがありません。そのため、ターゲットのアカウントが分かりそのアカウントで1度でもログインできてしまうと、それ以降はターゲットのLINEトークがiPadから覗き放題になってしまうのです。

つまり、iPad用LINEにスマホで使用しているLINEアカウントでログイン。すると、それ以降はトークがすべて閲覧できるようになってしまうのです。

実際にiPad用LINEを導入してターゲットのアカウントでログインする方法を見ていきます。まずiPad用のLINEアプリをインストール。ターゲットのアカウントでログインします。

LINEトークにiPadでログイン

4ケタ入力でLINEトークが読める

次は本人確認の手続きです。iPad用LINEで表示された4ケタの数字を、ターゲットのスマホでLINEを開いて入力しなければなりません。

作業は以上で終了。ターゲットのLINEアカウントでログインが完了します。これでLINEトークが読めるようになりました。

あとはiPad用LINEの設定を開いて、「通知」内の「スマートフォン通知」をオフにすることを忘れずに。また、ターゲットのスマホに、iPadでログインした旨のメッセージが届いているので削除しておきます。

LINEトークをiPadで盗聴する方法

LINEトークを通知センターで読む

ただし、iPad側でトーク画面を開いてメッセージを読むと、ターゲットのLINEのトークに既読マークが付いてしまうのが難点。これではターゲットが、自分の読んでいないメッセージがなぜ既読に…と不審に思う危険性があります。

そこで、通知センターにLINEトークの内容を表示されるように設定。iPadではトーク画面を開かずに、通知センターでトークの内容を読むようにするのです。

これでLINEトークの内容がiPadに筒抜けになる設定が完成します。この情報は『ラジオライフ』2015年3月号に掲載されていました。

■「LINEトーク」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

■「LINE」おすすめ記事
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEも登録できる完全匿名ケータイの作り方
LINEスタンプ販売で儲けるための傾向と対策
LINEスタンプを作成して登録するまでマニュアル
LINEアカウントが匿名で作れる「Travel SIM」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事