ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINE本人確認でiPad版やPC版にログインするやり方

LINE(ライン)はスマホ向けに開発されたコミュニケーションツールですが、本人確認すればiPadやパソコンで使うことが可能です。LINEを本人確認してスマホやiPad、パソコンで同時利用すれば、さらに円滑なコミュニケーションができるようになります。LINEをiPadで使うための本人確認番号とはいったいどのような手続きでしょうか?


LINEをiPadで使うための本人確認番号とは?


LINE(ライン)本人確認でiPad版を利用する

LINE(ライン)はiPadやパソコン向けにもアプリが用意されており、本人確認すればスマホ以外のiPadやパソコンなどの端末でも利用できます。本人確認すればスマホで利用しているLINEアカウントをそのままiPadで使えるので、友だちを登録し直す必要はありません。

LINEの本人確認の設定にはメールアドレス登録が必要なので、スマホで事前に設定しておきましょう。LINEで本人確認してiPadで使うためには、設定画面で「アカウント」を開き、メールアドレスとパスワードを登録。また、LINEで本人確認してiPadで使うために「ログイン許可」も有効にしておきます。

そして、iPadなどの他端末のLINEアプリでログインすると表示されるのが「本人確認番号」です。このiPadで表示される本人確認番号を、スマホのLINEで入力すれば準備完了。本人確認すればLINEがiPadでも同じアカウントで使えるようになります。


LINE本人確認のiPadでのやり方

LINEをiPadなどで使うため本人確認のやり方は、本人確認番号による方法だけではありません。LINEをiPadで使う本人確認には、QRコードを使うやり方が存在します。こちらでLINEの本人確認を選択すると、iPad側でQRコードが表示されるので、それをスマホ版LINEで読み取ります。

QRコードを読み取ると、iPad版LINEに本人確認番号が表示されるので、スマホのLINEで入力すればそのままログイン。LINEのQRコードによる本人確認は、通知の送信に関してのポップアップが表示されるので「OK」をタップしましょう。本人確認できると、iPad版LINEにトークの一覧画面が表示されるはずです。

LINEで本人確認してiPadやパソコンで使えるようになれば、スマホと同時利用でよりスムーズなコミュニケーションが可能。本人確認でiPadやパソコンでLINEできれば、仕事をするフリをして友だちとやり取りできるというわけです。また、LINEは本人確認の機能が付いたChromeの拡張機能も提供中。本人確認すればブラウザ上でもLINEが使えます。


LINEの本人確認でiPadに届かないアラート

Chromeの拡張機能を使う場合も、LINEの本人確認のやり方は同じ。メールアドレスとパスワードによるログインと、QRコードログインによるLINEの本人確認が用意されています。そのあとのLINEの本人確認のやり方は変わりません。

なお、iPad版LINEなどで本人確認をすると、スマホのLINEに「iPadでIPAD版LINEにログインしました」といったアラートメッセージがLINEから届きます。LINEの本人確認したメッセージにはIPアドレスと国・地域が合わせて記載されているものです。

LINEの本人確認でアラートメッセージが届くのはスマホ版のみ。これによって、第三者の不正なLINEの本人確認によるログインを防ぐ仕組みです。心当たりのないLINEの本人確認のアラートがiPad版などから届いた場合は、設定画面の「アカウント」を開いて「ログイン許可」をオフにしましょう。


LINE Payにも本人確認の仕組みがある

このほか、LINEの本人確認にはLINE Payの「スマホでかんたん本人確認」もあります。本人確認すると、LINEの友だちへの送金や銀行口座への出金サービスが使えたり、利用できるサービスがぐんと広がります。

LINE Payの「スマホでかんたん本人確認」は「ウォレット」→「LINE Payメインメニュー」→「設定」→「本人確認」と進みます。LINE Payの「スマホでかんたん本人確認」では「本人確認書類の撮影」「顔写真の撮影」「本人情報の入力」の3つを行うことで本人確認の申請が完了します。

本人確認の結果は審査完了後「LINE Pay本人確認」公式アカウントで知らせされる仕組み。LINE Payの本人確認は連絡があるまでしばらくかかります。

■「LINEのiPad」おすすめ記事
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEも登録できる完全匿名ケータイの作り方
LINEスタンプ販売で儲けるための傾向と対策
LINEスタンプを作成して登録するまでマニュアル
LINEアカウントが匿名で作れる「Travel SIM」

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • 投資信託を月千円から積み立てられるスマホ証券
    投資信託を月千円から積み立てられるスマホ証券
  • LINEトークの位置情報で待ち合わせ場所を共有
    LINEトークの位置情報で待ち合わせ場所を共有
  • LINEの文字認識機能で写真内の文字をテキスト化
    LINEの文字認識機能で写真内の文字をテキスト化
  • LINEの音声入力サービスをメモ代わりに活用する
    LINEの音声入力サービスをメモ代わりに活用する

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次