ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した

アマチュア無線のハンディ機で5W運用をすると、すぐにボディが熱くなりますが、デジタル簡易無線登録局機である「TPZ-D553」の5W運用は熱くなりません。これはデジタル簡易無線登録局機と比べて「業務機やアマチュア無線機は送信範囲が広い」ことが大きな違いでした。開発チームが解説します。



スポンサーリンク
デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した

デジタル簡易無線は帯域が狭い

デジタル簡易無線登録局機は「351MHzだけで5Wが出ればいい。帯域が狭いので調整しやすく、出力アンプも効率よく働きます。5W送信に必要な消費電流が減るわけですから、効率もよくなって熱になるロスが減ります」といいます。

このため、デジタル簡易無線登録局機は「放熱量自体が少ないんです。そして出力アンプの放熱先もいきなり外ではなく、1度内部に逃がしています。放熱シートに熱を集めて外に放出しようとするとそこが熱くなってくる」からです。

これを避けるため「TPZ-D553は熱を基板全体に逃がして、ゆっくりと分散し放熱していく設計。なので、本体が手に持てないほど熱くはなりません」と話してくれました。

デジタル簡易無線の小型・軽量化

デジタル簡易無線で効率のいい5W送信と小型・軽量化の両立ができているのは「いろいろな機能をICで処理しているからです。それを可能にしたのがソフトの開発」です。

「いくら高性能なICを搭載してもプログラムがしっかりしていなければ、機能を発揮できません。コンパクトなTPZ-D553の誕生の背景には、ソフトによるところが大きい」といいます。

ただし「回路のIC化が進んで行くと、今まで問題なく使えたソフトがそのままでは使えなくなります。今回のTPZ-D553でも発売直後に修正をしたり、書き換えた部分はとても多かったですね」と話します。

このほか「正面ボタンの数も6個から4個へ減ったので、操作系のソフトを書き換えています。ディスプレイも小さくなっているので、視認性を上げるための工夫をソフトで行いました」とのことです。

■「デジタル簡易無線」おすすめ記事
デジタル簡易無線登録局は第2世代に突入した
デジタル簡易無線登録局を始める手続きと費用
ケロケロ音が減少したデジタル簡易無線登録局機
デジタル簡易無線登録局の専用ボディで小型化
デジタル簡易無線の包括申請は意外に簡単だった
デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由
デジタル簡易無線で忘れてならない開設届の提出
TPZ-D553は第2世代デジ簡登録局機の最新モデル
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事