ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Gear VRはスマホ連動で気軽に本格的なVR体験

本格VRゴーグルは頭部の動きを正確にトラッキングし、360度遅延のない極自然な世界を創出。低価格クラスにはない圧倒的な没入感が魅力です。なかでもスマホ内臓タイプのVRゴーグルの完成形ともいえるのがサムスン電子の「Gear VR」です。Gear VRを詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
Gear VRはスマホ連動で気軽に本格的なVR体

Gear VR自体にセンサーを搭載

高いVR技術を誇るOculusとの共同開発により完成した「Gear VR」。ゴーグル自体にジャイロ・加速度・近接センサーが搭載され、スマホ本体のセンサーと連携したヘッドトラッキングシステムになっています。

このため、頭の動きに合わせて360度どこを向いても極めて自然に空間が表示され、VR酔いがありません。本体側面のタッチパッドで、ゴーグルを装着したまま各種操作が可能なのもうれしいところです。

対応するスマホがGalaxyの一部に限定されますが、それでも高い人気を誇るのも頷けます。スマホセット型のVRゴーグルの完成形といえるでしょう。

Gear VRの視野角は96度、対応するスマホはGalaxy S6/S6 edge/S7 edgeです。サイズは201.9W×92.6H×116.4Dmmで、重さは318g。電源はスマホからの給電ですが、ACアダプタも利用できます。実勢価格は12,000円です。

Gear VRは文字入力でネット検索

実際のGear VRの使い方は、まず対応するGalaxyをmicroUSBコネクタに接続します。スマホの電源を利用するので、VRゴーグルはワイヤレスで使用可能。Galaxy専用のため、ゴーグルにぴったりハマります。

液晶は2560×1440ドットと高解像度。メガネをかけたままでも使えますが、ピント調整できるためメガネなしでも使用可能。裸眼で0.03程度でも問題なくVRを楽しめました。

Gear VR側面には、タッチパッドと戻るボタンを配置。ゴーグルを外さずにコンテンツが変えられます。また、目線に合わせてポインターが動き、タッチパッドでセレクトできるので文字入力も可能。ゴーグルを着けたままのネット検索も、スムーズに行えます。

ちなみに、ニコニコ動画・生放送をVR空間で楽しめる唯一のアプリが「niconicoVR」。対応しているのはGear VRのみです。

■「VR」おすすめ記事
スマホでVR動画を楽しむ方法は超カンタンだった
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像
1,000円台から購入できるおすすめVRゴーグル
おすすめVRゴーグルはスピーカーの臨場感が違う
VRゴーグルはタイプによってコンテンツが違う
1,000円以下で本格的なVRゴーグルを作る方法
VRコンテンツが無料アプリで簡単に作成できた
VRコンテンツの基本はYouTubeにある360度動画
VRコンテンツが無料で楽しめる無料アプリ4選
「THETA S(シータS)」がVRカメラとして大人気

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事