ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows「Edge」でChrome用拡張機能が使える件

2020年にリニューアルされたWindows標準ブラウザ「Edge」は、「Chromium」ベースで開発されたもの。軽さなど使い勝手が全体的に向上しました。かつてはChromeをダウンロードするためだけに使うブラウザ…と揶揄されたこともありますが、その認識は改めるべきです。よく利用するサイトをアプリ化できるなど独自機能も搭載されています。


Windows「Edge」でChrome用拡張機能が使える件

EdgeのIEモードで古いWebサイト表示

まずはEdgeで「IEモードでタブを開く」方法です。Edgeの設定を開いて、「既定のブラウザー」内の「Internet Explorer モードで~」を「許可」にします。

そして、タブを右クリックして、「Internet Explorer モードでタブを最新情報に~」を選択。これでタブがIEモードに切り替わるのです。Internet Explorerにしか対応していない古いWebサイトも、これで正しく表示できます。

続いて、Edgeで「サイトをアプリ化」する方法です。ツールバーの「…」をクリックしてメニューを開き、「アプリ」→「このサイトをアプリとしてインストール」をクリックします。

EdgeでChrome用の拡張機能が使える

これでスタートメニューにアプリとして登録されました。デスクトップ上にもショートカットを置いておけるので、お気に入りのサイトに即アクセス可能になります。

最後はEdgeで「Chrome用拡張機能を使う」方法です。まずはEdgeで拡張機能の設定を開き、「他のストアからの拡張機能を許可します」を有効にしておきます。

あとはChromeウェブストアで目当ての拡張機能を探し、「Chromeに追加」をクリックするだけ。Edgeの方にも拡張機能がインストールされます。拡張機能はChromeと同じようにカスタマイズ可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事