ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

合法バックアップはWindows10の標準機能が最強

2012年10月の著作権法の改正により、プロテクトを解除してDVDをバックアップしたり、違法にアップロードされた動画のダウンロードがNGとなりました。そこで編み出されたのが、「デスクトップ録画」です。そして、現時点でのデスクトップ録画のベストアンサーはWindows10の標準機能「ゲームバー」でしょう。


合法バックアップはWindows10の標準機能が最強

プロテクト解除せず合法バックアップ

自分で購入したお気に入りの市販ソフトなら、傷を付けずに何度も見たいと思うものです。また、面白い動画を見つけたら削除される前にダウンロードして手元に残しておきたい…そう考える人が多かったのは当然の流れでした。

一方で、違法なコピーやアップロードが蔓延したことも事実。プロテクトを解除する複製などは、私的バックアップとはいえNGとなったのはご存じの通り。そこで、普及したのが「デスクトップ録画」「デスクトップキャプチャ」などと呼ばれる手法です。

デスクトップ録画とは、再生画面をそのまま丸っとキャプチャし、動画ファイルとして保存するという方法です。2012年以前よりこういったキャプチャソフトは存在していたものの、それほど注目されていませんでした。

しかし、プロテクトを解除せずに動画を保存できるということで「合法コピー」テクニックの1つとして評価されることになったのです。こうして「AG-デスクトップレコーダー」「アマレコ」「VClip」「Bandicam」など、キャプチャソフトが次々とリリースされました。

Windows10標準のゲームバーが最強

しかし、このデスクトップ録画はPC環境(性能)と、ソフトとの相性問題などから使いこなすのはなかなか厄介でした。5分程度お試しにキャプチャするなら気にならない不満点が、実際に利用しようとするといろいろ出てきます。

無料で使う場合、キャプチャ時間に制限があったり、ロゴのウォーターマーク(透かし)が入ったり…。また、保存した動画ファイルを再生したら不自然にカクカクしている上、容量は大きかったりなど。結局、デスクトップ録画は実用性としてはイマイチなのでは…という評価もありました。

ところが、時代は変わりました。Windows7からWindows10に変わり、ゲームを録画するためのキャプチャ機能「ゲームバー」が標準で搭載。このWindows10のゲーム録画機能は、かなり優秀だということが分かったのです。

録画時間は最長4時間まで設定でき、ウォーターマークは入りません。そして、扱いやすいMP4形式で保存できます。デスクトップ全体をキャプチャするので、コツは全画面再生にすることぐらいでしょうか。

MP4形式の動画ファイルは、別ソフトを使いDVD-Video形式に変換してDVD-Rに焼けば、家電のBDレコーダーなどで再生できます。このゲームバーが現在、デスクトップ録画のベストアンサーでしょう。

■「違法」おすすめ記事
違法ダウンロードの境界線を一問一答でおさらい
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事