ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

動画を合法保存できるWindows10「神」機能とは

「Netflix」や「Amazonプライム・ビデオ」などのDRM保護された動画は、ツールを使ってもダウンロードはもちろん、動画キャプチャもできません。そこで活用したいのが、すべての動画を合法で保存できる「神」機能。Windows10ユーザーなら、専用のソフトなしにデスクトップ録画機能が使えるのです。


すべての動画を合法で保存できる「神」機能とは

Windows10のデスクトップ録画ツール

2012年に改正された著作権法で制限されているのは「コピーガード解除による複製」です。このため、合法的に動画を保存するテクニックとして知られているのが「デスクトップ録画」です。

デスクトップ録画とは、動画が再生されているデスクトップ画面を撮影して録画するというテクニックになります。コピーガードを解除して動画をダウンロードしてはいないため、合法的に動画を録画できるといわれています。

そして、デスクトップ録画ツールは数多ありますが、Windows10に標準搭載されているデスクトップ録画機能「ゲームバー」の使い勝手はトップレベル。もともとXboxアプリなどのゲーム画面や動画を記録することを想定して提供されている機能です

デスクトップ録画のフレームレート

ゲームバーは、キーボードの「Windows」と「G」のキーを同時に押すと起動。ワンクリックでアクティブウインドウを丸ごとキャプチャできます。範囲指定などはできないものの、録画時のPCへの負荷が少なく安定性はバツグンです。

実際にデスクトップ録画をするには、ゲームバーの録画開始ボタンをクリック。アクティブウインドウの丸ごとキャプチャが始まります。停止するには、停止ボタンをクリックするか、録画中のウインドウを閉じます。

動画はMP4形式で「ビデオ」→「キャプチャ」フォルダ内に保存。フレームレートやビデオ品質などの設定は、Windowsの「設定」→「ゲーム」→「キャプチャ」から。音質192kbps・60fps・ビデオ品質「高」が、最高レベルです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事