ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フィッシング詐欺「Apple IDがロック」に注意

怪しい儲け話や出会い系サイトへの勧誘など、この世にはさまざまな迷惑メールが存在します。中でも特に注意すべきは「フィッシング詐欺メール」でしょう。フィッシングの語源は「釣り」で、獲物は「金」や「情報」です。そんなフィッシング詐欺の代表例が「Apple IDがロック」のメールになります。


スポンサーリンク
フィッシング詐欺「Apple IDがロック」に注意

フィッシング詐欺のApple IDロック

セールスや勧誘のメールは、漁法的には大量に餌を撒いて食いつくのを待つ「撒き餌」のような感じです。対してフィッシング詐欺は、より「1本釣り」に近い漁法といえるでしょう。

お金に直結する「クレジットカード情報」はもちろん、「ログインID」と「パスワード」を聞いてきたら要注意。もしも教えてしまったら、「家のカギを受け渡した」ことと同等のリスク、お金もプライバシーも根こそぎ盗まれます。

そんな巧妙なフィッシング詐欺の代表例が「Apple IDがロック」のメール。まずは「24時間以内に対応しないと、アカウントがロックされる」という文言で焦らせるのが常套手段です。

精神的な動揺で判断が鈍り、「ログインID」と「パスワード」を入力した時点でアウト。「いつでも第三者が自分のApple IDにログインできてしまう状態になってしまった状態」、すなわち「いつでも乗っ取られる状態」になったことを意味します。

個人名が無いのはフィッシング詐欺

住所や電話番号、さらにクレジットカード情報を入力することにより「いつでも第三者が自分になりすましてクレジットカードを使えてしまう」ことにも…。シンプルながら、最もひっかかりやすいパターンなので注意しましょう。

Appleサポートからのメールは「◯◯◯◯様」と個人名が明記されるのが通常。それが無い時点でフィッシング詐欺の可能性を疑います。Apple IDとパスワードが盗まれた時点で、iCloudにアップされた画像や連絡先は既にフィッシング詐欺集団の手の内にあってもおかしくありません。

クレジットカード番号・名義・有効期限・セキュリティコードが分かれば、電子マネーにチャージしたり、PayPalで任意の相手に送金するなど好き放題できてしまうのです。(文/GO羽鳥)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事