ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「Apple IDがロック」フィッシングメール注意点

フィッシングメールの語源は「釣り」で、獲物は「金」や「情報」。メールに書かれたリンク先に飛ぶと、有名企業の公式サイトソックリのページが出現。あれよあれよという間に情報を吸い取られます。中でもよく見かけるのが「Apple IDがロック」というフィッシングメール。その最新事情に迫ります。


スポンサーリンク
「Apple IDがロック」フィッシングメール注意点

フィッシングメールは精神的な動揺

Appleをかたり、個人情報をすべてぶっこ抜こうとする典型的なパターンが「Apple IDがロックされています」というフィッシングメールです。まずは「24時間以内に対応しないと、アカウントがロックされる」という文言で焦らせます。

精神的な動揺で判断が鈍って「ログインID」と「パスワード」を入力した時点で、「いつでも第三者が自分のApple IDにログインできてしまう状態になってしまった状態」、すなわち「いつでも乗っ取られる状態」になったということです。

住所や電話番号、さらにクレジットカード情報を入力することにより「いつでも第三者が自分になりすましてクレジットカードを使えてしまう」状態になります。シンプルながら、最もひっかかりやすいパターンなので注意した方がよいでしょう。

Appleサポートからのメールは「◯◯◯◯様」と個人名が明記されます。それが無い時点でフィッシングメールを疑わなければなりません。「アカウント確認」などのリンク先を確認してみると、怪しいURLが出てくるはずです。

フィッシングメールをよく観察する

似たようなフィッシングメールに「楽天カードからのお知らせ」も存在。こちらは楽天をかたるパターン。それも、楽天市場ではなく「楽天カード」からのお知らせで「ご請求予定金額のご案内→お客様のご請求金額のご確認はコチラ」という流れでリンクを踏ませるのです。

そのままウイルスがダウンロードされるパターンもあれば、Appleのフィッシングメールと同じくニセ楽天サイトに誘導して「ログインID」と「パスワード」を入力させるパターンもあります。

メールアドレスが楽天と同じだったりするので「本物か?」と思いがちですが、「宛先が自分以外にも複数登録されている」「通常はHTMLメールなのに、なぜかテキストメール」などが注意点。よく観察すれば偽物と判別できます。

■「フィッシング」おすすめ記事
フィッシング詐欺の手口を知っておいて損はない
フィッシング詐欺に遭わないための対策とは?

■「詐欺」おすすめ記事
巧妙化するワンクリック詐欺の最新手口と対処法
ワンクリック詐欺は無視!契約は成立していない
詐欺の手口は時代の変化とともに進化してきた
ワンクリック詐欺で悪質なのは心理的圧迫の手口
ワンクリック詐欺は無視するのが何よりの対策
偽セキュリティソフト詐欺に遭わない防衛策とは
LINEで詐欺に遭わないために気をつけること4つ
トラブルが急増するメルカリ詐欺3つの手口とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事