ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

個人情報を狙う「なりすましメール」の見分け方

近年ますます巧妙化する詐欺メール。アカウントの乗っ取りやクレジットカードの不正利用などの被害に遭わないためにも、詐欺メールの最新手口をチェックしておく必要があります。そこで、個人情報を狙う「なりすましメール」にありがちなパターンと、その見分け方を見ていきましょう。


個人情報を狙う「なりすましメール」の見分け方

なりすましメールの偽ログイン画面

フィッシングやウイルス感染によって、ユーザーの個人情報やクレジットカード番号などを盗む詐欺メールは日々進化しています。ここ数年で主流なのが、いわゆる「なりすまし」と呼ばれるメールです。

これは、送信者が楽天やAmazonといった大手企業になりすましてメールを送り、そこから受信者を偽のログイン画面に誘導。メールアドレスやパスワードなどの、アカウント情報を丸ごと盗むという手口です。

送られてくるメールや、Webサイトのログイン画面は本物そっくりに偽装されており、気づかずに情報を盗まれてしまうケースも少なくないようです。ここでは、大手企業を騙るさまざまな「なりすまし」のパターンと、その見分け方をチェックしていきましょう。

なりすましメールで多いのが楽天を騙った詐欺メール。「問い合わせフォームから連絡」のリンクを踏むと、偽のログイン画面が表示され、ユーザーIDやパスワードのほか、クレジットカード番号などの入力を求められます。

なりすましメールは注文者の宛名がない

楽天のロゴ付きで「注文内容のご確認」というタイトルも本物そっくりなので、パっと見では判別が難しいなりすましメールですが、偽メールには注文者の「○○様」といった宛名や配送先住所が記載されていません。

よくあるなりすましメールが、Appleの領収書を装ったパターン。ロゴなども忠実に再現されたHTMLメールが届きます。「キャンセルフォーム」のリンクが用意され、身に覚えのないユーザーがリンクを踏みやすいように誘導しているのが特徴です。

金額もなんとなくスルーできない、絶妙な価格設定ですが、本物のメールには「支払いキャンセルフォーム」は存在しません。

Amazonのなりすましメールは、クレジットカードの有効期限切れを知らせるパターン。クレジットカード情報の更新を促してカード番号を盗むというもので、ユーザー数が多いAmazonプライム会員に向けているところがミソでしょう。

ロゴなどを使って、それっぽい仕上がりですが、不自然な日本語表記はいかにも怪しい印象。気になる場合はリンクを踏まずに、Google検索などからAmazonにアクセスし、「お支払いオプションを管理」を確認。更新指示がなければ偽メール確定です。(文/ちゃばん)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事