ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

偽装ナンバープレートの作り方でプロが実践する手口

銀行強盗などの犯罪をする際に、逃走用車両のナンバープレートを偽造するというのは映画やドラマでよく見る光景です。じつは、偽造ナンバープレートの作り方の手口は家でも実践できるといいます。プロが実践する偽装ナンバープレートの作り方の手口とは、いったいどういうものなのでしょう。


プロが実践する偽装ナンバープレートの手口とは

偽造ナンバープレートの作り方にPET板

偽造ナンバープレートの作り方には家で誰にでもできる手口があります。それは、PET板を使った偽造ナンバープレートの作り方。ナンバープレートの間にPET板を挟み込み、それを厚めの鉄板の上へ置いて加熱して熱変成を起こすのです。

PETは高温になると変成し始めます。偽造ナンバープレートの作り方はPET板が柔らかくなったら、そこで加熱を中止。錘を載せて冷えるまで待つというわけです。家のキッチンでこの作り方を使えば、まるっきり同じ偽造ナンバープレートを何枚も作ることができてしまいます。

ナンバープレートを外すと型の付いたPET板が完成。偽造ナンバープレートの作り方はここに塗装を加えていきます。とはいえ、偽造ナンバープレートの作り方では単純に白色スプレーで塗装をしても本物の質感は出ません。 そこにはプロならではの偽造ナンバープレートの作り方テクニックがあるといいます。

偽造ナンバープレートの作り方にエポキシ

偽造ナンバープレートの作り方は、あとは水性塗料を組み合わせて色を調合して文字部分を塗装。偽造ナンバープレートの作り方はマスキングテープを貼って作業するとやりやすいでしょう。PET板に塗装を加えた完成品にナンバープレートカバーを取り付ければ、偽造ナンバープレートの作り方は終わり。本物と遜色ない偽造ナンバープレートができ上がるのです。

なお、偽造ナンバープレートの作り方にはPET板を使った方法以外にも、エポキシ樹脂を利用する方法があります。この偽造ナンバープレートの作り方は、ナンバープレートがきっちり入る箱を作り、同じ番号のナンバープレートで流し込んだエポキシ樹脂をサンドイッチするのです。

エポキシ樹脂による偽造ナンバープレートの作り方は、PET板よりもテクニックが必要ですが、より本物に近いものになるといいます。この作り方は流し込む樹脂の量で厚みを作り、強度を持たせられるのでPET板よりリアルな質感で偽造ナンバープレートを作れるでしょう。偽造ナンバープレートの見分け方も難しくなります。


テンプラナンバーとは偽造ナンバープレート

なお、偽造ナンバープレートのことを「テンプラ(天ぷら)ナンバー」と呼ぶことがあります。テンプラナンバーという言葉は、もともと「テンプラ」という警察用語からきたものです。

警察用語で「テンプラ」は、偽造ナンバー着用やナンバープレートを外した不審者のこと。テンプラの由来は、その大学に所属していないのに講義を受けに来ている学生を「天ぷら学生」呼んでいたことから。「格好は学生だけど中身は偽物」が転じて「衣だけ学生」となり天ぷら学生となりました。

すなわち、テンプラナンバーとは「見た目はれっきとしたナンバープレートだけど偽物」という意味。ここからテンプラナンバーが偽造ナンバープレートを意味するようになったわけです。

■「ナンバープレート」おすすめ記事
駐車違反でナンバーが見えないときはどうなる?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
ナンバープレートの封印がゴムホースで外れる!?

■「カーセキュリティ」おすすめ記事
バイク盗難防止グッズを車内設置用にプチ改造
車の盗難防止策が100均アイテムで破られる!?
車中泊のカーセキュリティおすすめ便利グッズ
車上荒らしが使うオリジナル解錠ツールを検証
車上荒らしは緊急脱出グッズをガラス割りに使う

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事