ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

消せるボールペンによる改ざんを見抜く方法とは

ボールペンは消えない…という長年の常識を見事に覆した「消せるボールペン」。付属のラバーでこすることでインクが消えるという画期的なアイテムで、今や1人1本、いや1人2~3本持っているといっても過言ではないはずです。そんな消せるボールペンで消した跡をこっそり見る方法を見ていきましょう。


スポンサーリンク
消せるボールペンによる改ざんを見抜く方法とは

消せるボールペンは温度変化で透明

消せるボールペンは、実際は書いた文字が消えるわけではありません。温度変化で透明/不透明になるインクを使用。専用ラバーでこすると温度が上昇して、文字が消えるように見えているのです。

この性質を利用すれば、消せるボールペンによる文書の改ざんは見破ることが可能。それが冷やして見破る方法です。65度以上でインクが透明になる消せるボールペンは、マイナス20度で色が復活するようにできています。

このため、消せるボールペンで書かれた文書をジップロックなどに入れて冷凍庫に10~20分保管すれば、改ざんされた文字が復活するのです。これで消せるボールペンで消した跡を確認することができます。

消せるボールペンは冷凍庫で復活

そこで、消せるボールペンの元祖であるパイロットの「フリクションボール」で実験してみました。消せるボールペンで書いた文字は、付属のラバーで擦ると摩擦熱でインクが消えます。ちなみに、65度以上でインクが透明になるフリクションは、ドライヤーの熱風ならすぐに消すことが可能です。

ここで、消せるボールペンの使用が疑われる文書を、ジップロックに入れてマイナス20度以下の冷凍庫で10分以上保管してみます。すると、冷凍庫に10分保管すると消された文字が復活したのです。

実際に冷凍庫から取り出すと、消された文字が復活していました。いったん復活した消せるボールペンで書かれた文字は、65度以上まではそのまま残っています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事