ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ボールペン型の口臭チェッカーは携帯性バツグン

コロナ禍によりマスク姿が一般的になったとはいえ、口臭はいつの時代も最優先のエチケットであることは変わりません。口臭の有無を判断できる口臭チェッカーは各種発売されていますが、今回ピックアップしたのは「ボールペンde口臭チェッカー」です。ボールペンとしても使える携帯性バツグンの口臭チェッカーを詳しく見ていきます。


ボールペン型の口臭チェッカーは携帯性バツグン

口臭チェッカーは5段階でレベル判定

サンコーの「ボールペンde口臭チェッカー」はボールペンとしても使えるため、普段は胸ポケットに挿したり、デスクに置いておけばいつでもどこでもチェック可能というスグレモノです。

センサーが付いているのはボールペン上部。電源ボタン押下後に上部のセンサーに息を吹きかければ、0~4の5段階で口臭レベルを判定できます。

ボールペンde口臭チェッカーのセンサーは、外から見えにくく、胸ポケットに挿せば液晶画面も隠せます。周囲に口臭チェッカーだとバレにくい点もメリットでしょう。

口臭チェッカーが口臭レベルを数値化

口臭チェッカーは、電源ボタンを押して12秒後にセンサーに息を吹きかけると、0~4の5段階で口臭レベルを表示してくれる仕組み。0なら口臭なし、4に近づくほど要注意ということになります。

内緒のタバコ休憩や、恋人に会う前のニンニク料理など、気になる場面で口臭レベルを数値化してくれるのはありがたいところ。数値が1以上なら全力でケアしてから臨むべきでしょう。

口臭チェッカーの検知対象は硫化水素・メタンチオールなど。検知方式は半導体センサーです。バッテリー容量は170mAhで、使用回数は115~120回となります。サイズ/重さは15Φ×155Hmm/34g。実勢価格は2,980円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事