ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonで激安の超強力LEDライトの実力は?

昔の豆球を使った懐中電灯と違い、LEDライトはとても明るくて電池も長持ちな上に、球切れの心配もありません。災害時にはとても頼りになるアイテムの1つでしょう。Amazonでは、目がくらむような明るさのLEDライトが信じられないぐらい安く売られていますが、ホントに使えるものなのでしょうか。


スポンサーリンク
Amazonで激安の超強力LEDライトの実力は?

Amazonで入手したLEDライトのチップ

LEDライトの性能をアピールする際によく使われるキャッチコピーは「CREE製チップ搭載」「高輝度XM-L」「◯◯ルーメン」などなど。CREE社は、ハイパワーLEDでは世界有数のリーディングカンパニーです。

「XM-L」とはCREEの高出力LEDチップの名称で、3Aで1,040ルーメンという高性能。クルマのヘッドライト(ハロゲン)が約1,100~1,500ルーメンですから、どれだけ強力かは想像できるでしょう。

今回Amazonで約1,300円で購入したLEDライトは、CREE製「高輝度XM-L T6」といううたい文句ながら、普通はチップ周辺にある「CREE」の刻印が、どこを調べても見当たりませんでした。本当にCREEチップが使われているのか、疑わざるを得ません。

LEDライトで950ルーメンの強力発光

Amazonで入手した激安LEDライト(単4形乾電池×3本)は、HIGH・MID・LOW・点滅・SOSパターン点滅と5つの発光モードに加え、ヘッドのスライドで広範囲~スポット照射まで無段階で焦点コントロールが可能。低価格ながらもなかなかの多機能ぶりです。

ただし、明るさはさほどでもありません。そこで、OlightのLEDライト「S2 Baton」と比較してみました。同じ中国企業ながら、OlightはハイレベルなLEDライトメーカーとして有名です。

CREE製「XM-L2 U3」チップ搭載で、2分間の制限があるものの950ルーメンの強力な発光が可能。比べてみれば、激安LEDライトがかなり暗いのが一目瞭然です。明るさに拘らなければ、使えるLEDライトなのは間違いないでしょう。

■「LEDライト」おすすめ記事
LEDライトは信頼できるブランドにこだわるべし
100均の充電ライターをLEDライトにDIY改造
相手を傷つけずに撃退できる護身用ライトとは?

■「ライト」おすすめ記事
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事