ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見業者が電波探しに使用する機材とは?

東和通信社の藤井正之氏は、日本における盗聴器発見業の第一人者。一般家庭・企業・政治団体など広く相談・調査に応じています。そんな藤井氏と、盗聴波の実態調査に出かけました。盗聴発見業者が盗聴器の電波を探すときに使用している機材とは、いったいどういったものなのでしょうか?


盗聴器発見業者が電波探しに使用する機材とは?

盗聴発見業者はUHF帯の3波で十分

盗聴発見業者である藤井氏の調査機材が詰まった“営業車”に乗り込んでみました。盗聴発見業者の運転席の横にはアイコムのアマチュア無線機「IC-R8500」、ダッシュボードにはアイコム広帯域受信機「IC-R100」が置かれています。

盗聴発見業者はIC-R8500をルーフに設置されたモービルアンテナに接続して、盗聴器の電波を広域で発見するために使用。盗聴発見業者のIC-R100にはハンディ用のアンテナが付いており、こちらは盗聴器の発信源を特定するためのものです。

どちらもスキャンするのは、盗聴発見業者である藤井氏が20年ほど前に提唱した「UHF帯の3波」と呼ばれる盗聴器における定番の周波数。盗聴発見業者がクルマで流して盗聴器の電波を発見するときは、この3波で十分なのです。

盗聴発見業者が男女の声をキャッチ

さっそく盗聴発見業者が実態調査をスタートしたその直後、ノイズの中から男女の声が浮かび上がりました。男の声は明らかに中年、女の声は妙齢です。発信源は、雑居ビルに入っている小さな会社のようでした。

「小さな会社は営業マンが出かけると、社長と女子社員が2人きりというところも。そうなると、社長と社歴の長い女子社員が不倫しているなんてことがよくあるんです」と盗聴発見業者の藤井氏は話します。

「そこで社長の奥さんが、会社に盗聴器を仕掛けるケースがあります」とのこと。発見した盗聴器の電波がそのケースに当てはまるかは不明ですが、2人の会話に妙な親密感があったのは印象的でした。


盗聴発見業者が一般家庭の盗聴器を発見

続いて、東京タワーの街・芝公園付近を盗聴発見業者と実態調査します。芝三郵便局付近に着くと、盗聴発見業者である藤井氏は何かに導かれるよう細い路地へ向かいます。すると、399.455MHzという周波数で物音が聞こえました。

聞こえてくるのは部屋を歩く物音。音の遠さから盗聴器が仕掛けられている部屋とは別の部屋にいることが分かります。盗聴器が仕掛けられているのは、マンションの一般家庭のようです。平日の夕方、主婦が1人でいる時間帯でしょう。

一般家庭の盗聴について盗聴発見業者の藤井氏に聞いてみました。「一般家庭に仕掛けられる盗聴器は、明らかに増加傾向にあると感じています。相続や浮気といった家庭内の問題です」と答えます。

盗聴発見業者による浮気調査の見解

「特に浮気調査の場合、興信所に依頼せず、盗聴器を買ってきて自分でやってみる人が増えているようです。盗聴の情報はネットで調べられますから。盗聴器を誰でも簡単に買える時代を反映しています」というのが盗聴発見業者の見解です。

ということは、盗聴器を仕掛けているのは家族なのでしょうか。盗聴発見業者の経験上「親戚を含め、そうだと思います。一般家庭に仕掛けられた盗聴器の大半は家庭内盗聴です」とのこと。盗聴器を仕掛けた張本人は、必ず近くで電波を受信していることを考えれば納得できる話でしょう。

「最近は小型のICレコーダーを使った盗聴も増えているようですが、電波式の盗聴器は減っていません」と話します。盗聴発見業者のニーズはまだなくなりそうはありません。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順

■「盗聴器」おすすめ記事
非合法な盗聴器の音声から聞こえてくる内容は?
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴調査のために使用するのはハンディ受信機

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事