ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

他人の交信を聞くことは盗聴になる?ならない?

誰かと誰かの通信内容が、そっくりそのまま聞こえてしまう受信を「盗聴なのでは…」と思ってしまうのは、当然のことかもしれません。電波を受信する行為は、電波に関する法律「電波法」に定められた「傍受」で、合法的な行為です。私たち第三者が無線通信を受信しても、何らかの罪で罰せられることはありません。


他人の交信を聞くことは盗聴になる?ならない?

受信は電波法で認められた合法行為

たしかに交信を受信する行為は、他人の通信を断りなく聞いているので、盗聴のイメージがつきまとうのは仕方のないことでしょう。しかし、受信は電波法で認められた合法的な行為です。

一方で「盗聴」というのは、他人の家や会社に侵入して、電波を発する盗聴器を無断で設置。そして、個人の会話を電波に乗せて聞くことになります。すべて当事者の知らないところで行われるのが特徴です。

盗聴器を部屋に仕掛けるために、他人が住人の許可なく上がりこんでくれば住居不法侵入になります。加えて、電波式盗聴器は微弱電波の規程を超える出力を出すと、不法無線局の開設という電波法上の罪に問われることにもなるのです。

受信でも電波法が禁じている行為

電波を発射する無線局は、誰かに聞かれていることを前提に交信しています。この通信を聞くことは傍受と定められており、盗聴とは違うわけです。

ただし、受信自体は合法ですが、電波法が禁じている行為があります。それは受信によって知り得た情報を利用して、悪いことをする“窃用行為”。受信は1人で、ひっそりと楽しむ趣味なのです。

実際、航空祭ではイヤホンを耳に挿して受信している人を大勢見かけます。自衛官たちも受信に対して寛容です。受信自体は合法な行為なので、イヤホンをして受信音を周囲に流さないよう、マナーを守っていれば問題はありません。

しかし、間違っても交信をネットにアップして公開するような行為はしません。電波法で堅く禁じられているからです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事