ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器を探す時の会話は「筆談」にするべき理由

「盗聴されているかも」と感じたら、まず疑うべきは電波式盗聴器です。誰でも簡単に仕掛けられる電波式盗聴器ですが、電波が出ているため受信機で探すことができます。そこで、室内で盗聴器の探す時に、覚えておきたい4つの心得を紹介しましょう。盗聴器を探す時はテレビと時報を流すのが基本です。


スポンサーリンク
盗聴器を探す時の会話は「筆談」にするべき理由

盗聴器を探す時は電話で時報を流す

盗聴器を探す時の心得1つめは、受信機や盗聴器発見器で探して見つけられるのは、電波式盗聴器のみということ。ICレコーダーやコンクリートマイクは、電波を発射しないため探し出すことはできません。

盗聴器を探す時の心得2つめは、テレビをつけてから調査することです。盗聴器の中には音声に反応して電波を発射するVOX式の盗聴器があります。そこで、テレビをつけて音を出すことで、常に盗聴器の電波が出ている状態にして調査するのです。

盗聴器を探す時の心得3つめは、電話は117にかけて時報を流すこと。電波式盗聴器には、室内音を拾って送信するタイプと電話の通話を送信するタイプが存在します。通話を送信するタイプは通話状態にならないと電波を発射しません。このため、時報の117番などにかけて通話状態を保つわけです。

盗聴発見業者は依頼者と筆談で会話

盗聴器を探す時の心得4つめは、調査の様子は聞かれていると思うこと。室内を調べている様子も盗聴器の電波で送信されているので、相手に筒抜けになっています。盗聴発見業者は、依頼者との会話を筆談で行っているほどです。

このように、盗聴器を探す時はテレビをつけて音声を流し、電話を117番の時報につないでからスタート。この状態で盗聴器の電波をキャッチしていなければ、部屋に盗聴器は仕掛けられていないと考えてよいでしょう。

もしキャッチした場合は、部屋のどこかに盗聴器が仕掛けられているということ。受信機から聞こえてくるテレビの音声や室内音から、設置場所を特定していくことになります。なお、受信機や盗聴発見器には発した信号音を盗聴器に拾わせて場所を特定する、盗聴器発見機能が付いたものもあるので有効活用しましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事