ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「無言電話がかかる」よくある盗聴の予兆とは?

「無言電話がかかってくる」「誰にも話していないことを友人が知っている」など、盗聴には予兆があります。ママ友同士で、会話にいない人のウワサ話をしたら翌日、その人に会話の内容をいい当てられたというケースもあります。盗聴器が仕掛けられていることを疑うべき、よくある盗聴の予兆や違和感を見ていきましょう。


「無言電話がかかる」よくある盗聴の予兆とは?

盗聴器を誰でも簡単に買える時代

盗聴発見業者いわく「一般家庭の盗聴は、明らかに増加傾向にあると感じています。相続や浮気といった家庭内の問題です。特に浮気調査の場合、興信所に依頼せず、盗聴器を買ってきて自分でやってみる人が増えているようです」とのことです。

「盗聴の情報はネットで調べられますから。盗聴器を誰でも簡単に買える時代を反映しています」。ということは、盗聴器を仕掛けているのは家族が多いのでしょうか。「親戚を含め、そうだと思います。一般家庭に仕掛けられた盗聴器の大半は家庭内盗聴です」と話します。

さらに「最近は小型のICレコーダーを使った盗聴も増えているようですが、電波式の盗聴器は減っていません」といいます。

盗聴には予兆や違和感があるもの

そんな盗聴器が仕掛けられると、盗聴の予兆や違和感があるものです。よくあるのが「無言電話が頻繁にかかってくる」というもの。「帰宅したタイミングで電話が鳴る」というケースもあります。

また「家に人に侵入された形跡がある」のも危険なサイン。ものが盗まれていなくても、盗聴器が仕掛けられている可能性があります。「自分しか知らない話を他人が知っている」というのも盗聴の予兆です。

じつは、最近では盗聴器がオフィスに仕掛けられるケースも増えています。「ライバル会社に事業発表で先を越された」というのも、盗聴の予兆かもしれません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事