ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

窓のクレセント錠をカギと思ってはいけない理由

住宅の防犯というと、どうしても玄関ドアのカギにばかり意識が行きがち。しかし、昨今の空き巣被害で最も多いのが窓などのガラスを狙った“ガラス破り”です。しかも、窓に付いているクレセント錠は“錠”と鍵らしき名前を冠していますが、キーを使っていないためカギと呼べるシロモノではないのです。


スポンサーリンク
窓のクレセント錠をカギと思ってはいけない理由

空き巣被害のガラス破りはコブシ大

空き巣被害で狙われるのは窓。窓のガラスです。多くの人のご想像通り、ガラスは割ってしまえば簡単に家の中に入れてしまいます。ガラスなら「割る時に大きな音がして目立つでしょう?」と思うかもしれません。

しかし、研究心旺盛な空き巣たちはしっかりと防音対策を施しているのです。そもそもガラス破りといっても、窓ガラスを全部割る必要はありません。窓の戸締まりに使う、クレセント錠に近い部分をコブシ大に割り、手や棒を使ってクレセント錠を下ろせば、普通に窓を開ける要領で中に入ることができてしまいます。

もちろん、コブシ大でもガラスを割れば確かに音は出ますが、ガラスにガムテープなどを貼れば「パリーン」や「ガシャーン」といった大きな音は出なくなるのです。

空き巣被害にクレセント錠の補助錠

ほとんどの家庭の窓は、クレセント錠がカギ代わりに使われています。クレセントとは「三日月」という意味。多くのクレセント錠にはスイッチやスライド式の簡単なロック機構が付いているだけです。

確かにクレセント錠で戸締まりをすれば、外から窓を開けることはできません。しかし、カギと呼ぶには余りにもセキュリティが脆弱。キーを持たずに開けられるからです。ガラス破りをされてしまうといとも簡単に侵入を許してしまいます。

そこで、空き巣被害の対策として有効なのが、ホームセンターなどで売られているクレセント錠用の補助錠です。クレセント錠の上げ下げにキーが必要なため、ガラス破りで侵入しようとしても、コブシ大程度を割ったくらいでは侵入できません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事