ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣が集合住宅のターゲットを絞る狙い目4つ

無数にある住宅の中からターゲットを見つける空き巣。設備が整ったアパートやマンションでも油断はできません。オートロックが付いていても簡単に侵入でき、入れなかったとしても隣の住宅や電信柱、雨樋を利用してベランダに侵入することも可能。空き巣に狙われる集合住宅のポイントを見ていきましょう。


スポンサーリンク
空き巣が集合住宅のターゲットを絞る狙い目4つ

空き巣が狙うのは2階または最上階

集合住宅で空き巣が狙うのは、低層階ばかりではありません。高層階に住んでいる人も要注意です。上へ行けば行くほど防犯意識が薄まる上に「高層階=金持ち」という空き巣側の認識もあるため、ターゲットにされやすくなってしまいます。

いずれにせよ、集合住宅に住んでいる人は一軒家と同じように「自分の家は自分で守る」という考えの元で、適切な防犯対策が必要になるでしょう。そこで、空き巣が集合住宅でターゲットを絞る4つの狙い目ポイントを確認しておきます。

空き巣の集合住宅の狙い目1つめは「2階または最上階」です。2階は一軒家と同じで、足場があれば簡単に入りやすいため狙われます。しかし、最上階はもっと狙い目。ただし、高級マンションなら結構な金持ちが住んでいて防犯対策がしっかりしていることがほとんど。狙いやすいのは中堅クラスといいます。

空き巣の集合住宅の狙い目2つめは「オートロック付きマンション」です。オートロックは、住人や宅配業者の後に付いていけば簡単に入れてしまいます。

空き巣は防犯ガラスはすぐに諦める

空き巣は「マスク+帽子+サングラス」のようないかにもな恰好はせずに、挨拶するくらい堂々と侵入。防犯カメラがある時は下を向いて、スマホなどをいじっていれば特定できないといいます。

空き巣の集合住宅の狙い目3つめは「洗濯物」です。夕方を過ぎてもずっと洗濯物を干している家は「留守ですよ」といってるのと同じこと。目星を付けていた家がこの状態になっていたら、空き巣は間違いなく狙うでしょう。

空き巣の集合住宅の狙い目4つめは「窓ガラス」です。空き巣というと玄関ドアのピッキングのイメージがありますが、最近は凝ったことをやらない傾向にあります。空き巣が狙うのはクレセント錠1つだけで無防備な窓です。

クレセント錠周辺のガラスを割ったり、バーナーで焼き切って空き巣は侵入。逆に、防犯ガラスを使っている家があったらすぐ諦めるといいます。

■「空き巣」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がターゲットの一軒家を選ぶ5つの狙い目
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた
ドアスコープから部屋に空き巣がいないかを確認
窓の防犯対策はホームセンターですべて揃う
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
防犯カメラの設置費用はプロがやるといくら?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事