ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブルーインパルスのパイロットが交信する周波数

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」は航空祭だけではなく、自治体のイベントなどで祝賀飛行をするケースが急増。華麗な飛行を見るチャンスが増えています。その際、ブルーインパルスのパイロットの交信を聞けば楽しさも倍増。ブルーインパルスが使う周波数の探し方をレクチャーしましょう。


スポンサーリンク
ブルーインパルスのパイロットが交信する周波数

ブルーインパルスは前日に予行する

航空祭が開催される基地には管制施設があるので、ブルーインパルスはその基地に割当てられた管制波を使用します。例年同じ傾向にあるのですが、どの周波数を使用するかは、ケースバイケースなので断言できません。使用周波数は、航空祭の最中に探すことになります。

余裕をもって探すためには、航空祭の予行を狙いましょう。ブルーインパルスは、航空祭の前日か前々日に会場となる基地に飛来。そして前日には、基地の上空で航空祭と同じアクロバット飛行を実施。この予行で使用された周波数波は、航空祭当日でも使われます。

航空祭でのブルーインパルスのパイロットが使用する周波数には、大きな特徴があります。他機の展示飛行とは異なり、1つの周波数でGNDとTWRと交信するのです。

ブルーインパルスが無線機チェック

管制の手順に従うのなら、GNDからTWRへと周波数が変わっていくのですが、ブルーインパルスは最初から最後まで1つの周波数を使い続けます。なので、1波を見つければ事足りるのは、ありがたいところです。

多くの航空祭では、その基地のTWRの主用波を使います。しかし、突然の変更もあるので、開催基地の割当て周波数をすべてメモリーして、スキャンするのがベスト。展示飛行中に受信状態が悪化して、途中で周波数を変えることもあるからです。

ブルーインパルスのパイロットが交信を始めるタイミングは、エンジンをスタートしてプリタクシーチェックと呼ばれる点検を始め、無線機のチェックをする時です。

プリタクシーチェック中に割当て周波数をスキャンをすれば、ランディングライトが点いて、キャノピーが閉まるまでに、一連の交信が受信できているはず。航空祭での周波数探しは、このタイミングがポイントです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事