ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが赤外線サーマルカメラに変身するツール

スマホに差し込むだけで赤外線サーマルカメラに変身するツールを紹介しましょう。赤外線サーマルカメラは、物体が放射する赤外線エネルギーを感知。夜の暗闇で使えば暗視カメラとして人影を映し出せるだけでなく、赤外線を熱分布として表示するサーモグラフィ撮影もできるのです。


スポンサーリンク
スマホが赤外線サーマルカメラに変身するツール

スマホが赤外線サーマルカメラ化

スマホが赤外線サーマルカメラになるツールが「Seek Thermal(シーク・サーマル)」です。物体が放射する熱エネルギーをカメラ本体が感知して、スマホの画面上に被写体をサーモグラフィーとして表示することが可能です。

赤外線サーマルカメラ化ツールは、iPhoneならLightning端子、AndroidならmicroUSB端子に接続します。カメラの横幅はスマホの幅よりも狭い4センチちょっと。ダイレクトにスマホに差し込んで使用できます。

赤外線サーマルカメラの画像をスマホに表示するには、専用の無料アプリ「Seek Thermal」を使用。このアプリを使えば、目では見えない熱エネルギーをスマホ上で視覚化できるというわけです。

赤外線サーマルカメラで暗視する

赤外線サーマルカメラは暗視カメラとして使うことも可能。目には見えない熱エネルギーを感知するので、暗闇の中にいる動物や人間を映し出すことができます。サバイバルゲームや夜間警備などで活用できるでしょう。

また、撮影画像に最低・最高温度を表示させられたり、通常画面とサーモグラフィー画面で2分割できたりという仕掛けもあります。撮影するときの動画と静止画の切り替えがワンタッチ。決定的瞬間を逃しません。

目には見えない熱エネルギーを感知するので、室内の床を歩いた足跡などを捉えるといった使い方も可能です。サイズは44W×25H×25Hmmで、重さは142g。電源はスマートフォンから利用するため、外部電源などは必要ありません。日本ではamazonで3万~4万円ほどで購入できます。

■「赤外線カメラ」おすすめ記事
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした

■「スマホ」おすすめ記事
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事