ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

夜逃げした人の住所を探偵が調査するテクニック

「借金を踏み倒して夜逃げ」「妊娠を告げたら彼氏がトンズラ」など、トラブルの相手方が逃げて居場所が分からなくなってしまうのはよくあるパターン。とはいえ、行方をくらませた相手を探す方法はいくつかあります。そこで、プロの探偵が夜逃げした人の住所を調査するテクニックを見ていきましょう。


スポンサーリンク
夜逃げした人の住所を探偵が調査するテクニック

夜逃げした相手の戸籍を入手する

夜逃げした相手の居場所が分からない場合、戸籍の附票から住所をたどる方法があります。とはいえ、普通は親族や同一世帯の人間でない限り、他人が勝手に戸籍を取得することはできません。

ただし、司法書士事務所の中には「示談交渉」や「裁判提出書類の作成」といった目的で、相手の戸籍を取得する“サービス”を行っているところがあります。こうしたサービスを利用することで、相手の戸籍(附票)を入手して、現住所をたどることが可能です。

これは、あくまでも“法的手続きのため”のもの。とはいえ、夜逃げした人の住所を調査する、こうした手段があることを覚えておいて損はないでしょう。

夜逃げした人のAmazonアカウント

プロの探偵が家族や恋人に協力を得て、夜逃げした人のAmazonアカウントから本人の居場所を特定したケースもあります。

本人は夜逃げしたあとものんきに同じアカウントで買い物しており、当然そこには新たな送り先が保存されているというわけ。つまり、夜逃げした先の住所がわかってしまうというわけです。

間抜けな話と思うかもしれませんが「家族や恋人が利用できるように、1度だけ自分のアカウントを使わせてあげた」というケースは意外と多く、本人もそんなことはすっかり忘れていることもあります。また、アドレス帳に複数の住所が登録されている場合も、夜逃げした人の居場所のヒントになるようです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。