ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ペン型カメラのレンズはどこに設置されている?

商談や打合せは、トラブル回避のためにもカメラで記録しておくのが得策。相手に気づかれることなく撮影できるペン型カメラは、ビジネスマンの必携ツールかもしれません。そんなペン型カメラのレンズはどこに設置されているのでしょう。撮影される側に回る可能性もあるので、知っておきたいところです。


ペン型カメラのレンズはどこに設置されている?

ペン型カメラのレンズはクリップ部分

スマホには動画撮影やボイスメモ機能がありますが、打合せの場で堂々と記録すると、相手に不愉快な印象を与え、せっかくの商談が台無しになりかねません。そんな問題をカンタンに解消するのが、ペン型カメラです。

秘匿性が高く、胸ポケットに忍ばせて撮影できるのが高解像度のペン型カメラ「ABC-JSA3」です。本体上部の操作ボタンを2秒間押すと電源が入り、自動的に撮影がスタートします。

ペン型カメラのレンズが仕込まれている場所は、ペンのクリップの根元部分。クリップ自体がレンズカバーとなっています。このため、スーツの胸ポケットに忍ばせておくのが定番スタイルです。

ペン型カメラはペンとしても使用可能

ペン型カメラは普通のペンとしても使用可能。書き心地もスムーズです。短押しすると待機状態になり、再び短押しで撮影が再開されます。2.3Kの高画質で相手の顔もハッキリ撮れます。

ペン部分を外すと、USB端子が出現。そのままPCに挿せば記録した映像をすぐチェックできるというわけです。

ペン型カメラの動画解像度は2304×1296ドット。記録メディアは内蔵メモリ(32・64・128GB)、保存形式はMOV形式となっています。サイズは15W×15H×155Hmmで重さは約50g。実勢価格は19,440円(32GB)、23,760円(64GB)、28,080円(128GB)となっています。

■「ペン型カメラ」おすすめ記事
ペン型カメラは契約トラブル解消にも使える
ペン型カメラをWi-Fi接続でスマホから遠隔操作

■「小型カメラ」おすすめ記事
小型カメラの探偵おすすめセッティング場所
小型カメラをAmazonで7,980円で購入してみた
隠しカメラの消しゴム型は定番そっくりデザイン
隠し撮りできるオイルライター型ビデオカメラ
隠しカメラとは思えないエアコンのリモコン型
隠し撮りバリエーションが豊富な帽子型カメラ
メガネ型カメラは視線と同じ感覚で撮影できる
暗視カメラにもなるモバイルバッテリー型カメラ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事