ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネジ山にレンズを仕込んだスパイカメラの解像度

プロの探偵も愛用するのがサンメカトロニクス製の調査用機材。中華製の安価な製品とはひと味違う、品質の高さと堅牢性で多くのファンを獲得しています。そんな調査用機材で注目は、ジャケットのボタンや家具のネジに偽装したレンズカバーを用意しているスパイカメラ。気になる画質はどうなのでしょうか。


ネジ山にレンズを仕込んだスパイカメラの解像度

レンズカバーが付属するスパイカメラ

サンメカトロニクスの「PMC-5S」は、カメラ部分とレコーダー部分が分かれているスパイカメラです。しかも、ボタンやネジに擬装できるレンズカバーが付属します。ボタンならボタンホール、ネジであればネジ山にレンズが仕込まれる形。防犯用にさまざまな場所にセッティングできます。

ボタンであればジャケットなどに装着。ネジであれば家具にセットすれば、本物のネジと見分けがつきません。付属するネジのレンズカバーから現場に合った色をセットしておくと、スパイカメラの秘匿性がさらに高まるでしょう。

しかも、サンメカトロニクス製のスパイカメラは、IP機能搭載タイプならWi-Fi接続かインターネット経由で遠隔操作が可能。専用アプリ「PV Cam Viewer」を導入すれば、スマホなど手元の端末で画角を確認しながら撮影できます。

長期間の監視に使えるスパイカメラ

実際にスパイカメラを使う場合は、レコーダー部の「Power」ボタンで電源をオン。もう1度押すとWi-Fiが起動します。あとは「Rec/Stop」ボタンで撮影・停止をするだけです。

ネジ山にレンズを仕込んだスパイカメラの画質はフルHD解像度。実際に映像を見てみても、ターゲットの詳細まで捕らえていました。長期間にわたる監視などに向いているでしょう。

動画解像度は最大1920×1080ドット、保存ファイル形式はMOV、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)です。レコーダー部のサイズ/重さは54W×21H×84Dmm/100g、カメラ部は25W×25H×18Dmm/17gとなっています。電源は内蔵バッテリー3.7V/2,200mAhリチウムイオン充電池。実勢価格は59,400円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事