ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

郵便物は住所のほかバーコードを隠さないと危険

パッと見では理解できないため、秘匿性が高いように思われがちな「バーコード」。しかし、その正体はただのテキストの羅列。誰にでも解析できてしまいます。中でも注意したいのが、郵便物の宛て名に印刷されている「カスタマバーコード」でしょう。ここから個人情報が漏れる危険性があるのです。


郵便物は住所のほかバーコードを隠さないと危険

郵便物のバーコードは印字すると割引

自動車税や固定資産税の納税通知が郵便で届くと、イヤな気分になる人も多いはずです。「自宅のポストにこんなものが…」と、郵便物の写真をSNSにアップする人を見かけたことがあるでしょう。

この時、郵便物の宛て名に書かれた住所や名前は隠すものの、その下のバーコードはそのままというケースをよく見かけます。じつはあのバーコードは解読すると住所が判明。ネットで公開するのはかなり危険といわざるをえません。

郵便物に印刷されたバーコードは「カスタマバーコード」と呼ばれるもの。同時に1,000通以上出す場合、郵便物に印字すると割引が受けられます。カスタマバーコードは「7ケタの郵便番号+番地・部屋番号の数字」という構成を、一定の法則で変換しているだけのものです。

郵便物のバーコードで部屋番号も判明

実際、郵便物のカスタマバーコードを読み取る無料アプリ「Posba カスタマバーコードリーダー」も存在。郵便番号や番地を入力すると、カスタマバーコードに変換してくれるサイトや住所録ソフトもあります。

このアプリで読み取り結果が「〒101-0041 2-6-5-304」であれば、「〒101-0041」から「東京都千代田区神田須田町」と町名まで判明。後半の「2-6-5-304」で丁目や番地、部屋番号がわかるというわけです。

つまり、郵便物のカスタマバーコードだけあれば、住所がすべて判明するということ。住所・氏名を隠したから安心というのは、まさに「頭隠して尻隠さず」状態です。個人情報の漏洩には十分に気を付けたいところです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事