ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

3万円台で購入できる単眼ナイトビジョンの性能

L-SHINEの「LS-650」は、単眼タイプのナイトビジョン。赤外線ライトを搭載しつつ3万円台で購入できるエントリーモデルです。500mlクラスの水筒にグリップを付けたような感じの大きさ。ややラバーっぽい表面の素材なので滑りにくく持ちやすい仕上がりです。気になる単眼式のナイトビジョンの性能を詳しく見ていきましょう。


3万円台で購入できる単眼ナイトビジョンの性能

ナイトビジョン本体上部にボタン類

L-SHINEの「LS-650」は、フルサイズデジカメで600mmレンズ相当程度と視野角が狭いため、遠くの対象を監視・記録するのに適しています。ただ、ファインダー内の液晶ディスプレイの精細度は決して高くはなく、細部までしっかりと確認するのは難しい印象です。

電源は単3形乾電池×4本で、赤外線ライトを使用するとカタログ値で3時間使用できます。赤外線ライトは3段階の強さで設定でき、最も強いIR3の場合は100m程度ならライトの効果が感じられました。

単眼タイプのナイトビジョンは、片手操作ができるように本体上部にボタン類が集中。さほど凹凸がないボタンですが、手探りでもしっかりと位置を感じることができるよう工夫されています。

本体下部に端子類が並び、動画と静止画の撮影切り替えはここのスイッチを使用します。AVケーブルでテレビに映し出すことも可能です。

ナイトビジョンは暗い場所でモノクロ

設定を行うメニュー表示は英語のみですが、項目数が少なく、中学レベルの簡単な単語なので、カメラをいじったことがあれば大体分かるでしょう。

静止画はおよそ500万画素で記録可能ですが、VGAサイズに設定も可能。動画は1280×720ドットとHD画質で保存できます(AVI形式)。

実際にナイトビジョンで撮影してみたところ、明るい場所ならカラーでも表示できますが、写真はシャープさに欠けるところ。暗い所で使用するナイトビジョンモードに設定すると、モノクロでの表示となります。

肉眼でうっすらとしか見えない暗闇でも、ナイトモードなら輪郭がしっかりと認識でき、赤外線ライトを併用するとよりくっきりとした像が見えてきます。赤外線ライトの強度は3段階で調整可能です。

静止画解像度は2592×1944ドット、赤外線LED投光距離は未記載です。ズームは光学1倍+デジタル5倍、記録媒体はmicroSDカード(最大32GB)となっています。電源は単3形乾電池×4本で、サイズ/重さは105W×208H×62Dmm/765g。実勢価格は32,780円です。(文/星智徳)

■「ナイトビジョン」おすすめ記事
α7sの超高感度撮影はナイトビジョン以上!
α7Sをナイトビジョンにする探偵セッティング
ナイトビジョンは録画機能付きに進化していた
ウェアラブルカメラはナイトモード搭載HX-A1H
ナイトビジョンアプリは停電したときに活躍する
手の平サイズの高性能ナイトビジョンの実力は?

■「暗視カメラ」おすすめ記事
暗視スコープに歴史アリ…3つの世代の特徴とは
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事