ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飲酒後どれくらいで酒気帯びでなくなるかを実験

飲酒運転は絶対にダメ。そのためにも、体からアルコールが抜けて運転可能になる目安の時間は知っておきたいところです。コンビニなどで入手できるドリンク類を飲み比べて検証してみました。ドリンク・クスリ・サプリメント…酒気帯び状態から一番早く抜け出せるのはどれでしょうか?


スポンサーリンク
飲酒後どれくらいで酒気帯びでなくなるかを実験

酒気帯びから抜け出せるドリンク

飲酒運転に対する罰則は、呼気から0.15㎎/l以上のアルコールが検出されると、道交法では酒気帯び運転違反13点、0.25㎎/l以上だと25点の点数が付加。前歴無しでも15点以上で免許取消しなので、酒気帯び運転の処分は重いといえるでしょう。

このため、酒気帯びから抜け出す自分のアルコール分解力を知っておいて損はありません。そこで、コンビニなどで買える各種アルコール分解ドリンクの効果をテスト。酒気帯び状態から一番早く抜け出せるドリンクを選びました。

実験に使用したのは、東芝のアルコール検知器「TISPY」。無線LAN搭載SDカード「FlashAir」で、測定した呼気アルコール濃度をスマホで管理できます。アプリ「AlcCalc」で、体重(53kg)と年齢から予想される分解時間は3時間20分です。

15分で酒気帯び状態から抜ける感覚

ハウス食品の「ウコンの力 レバープラス」は「ウコンの力」に、肝臓エキス200mgとウコンエキス500mgをプラス。さらに、この製品には40mgのウコン由来の「クルクミン」が配合され、肝臓を強化します。上下を繰り返し、やや不安定ながらも2時間30分で分解完了しました。価格は100ml・350円です。

大鵬薬品の「チオビタドリンク」は、「タウリン1,000mg配合」で有名なドリンク。タウリンがアセトアルデヒド脱水素酵素を活性化するのですが、「チオビタドリンクゴールド」など無配合のものもあるので間違えないように。摂取後、安定して濃度が下がり、2時間30分で分解しました。価格は100ml・105円です。

健昇堂の「ルミネラ ヴィヴァーチェ」は、1億年前の古代植物堆積層から摂れたエキス、「シリカドロップ」を15,000mg配合…と、かなり怪しげな商品で味はマズイ。しかし、15分間でサーッと酒気帯び状態から抜ける感覚があり、0.10mg/lまで急降下。数値上は最速で1時間30分で分解しました。価格は50ml・540円です。

■「酒気帯び」おすすめ記事
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク
飲酒検問は幹線道路から1本入った通りが狙い目
アルコール分解にはグレープフルーツジュース
グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮
アルコールチェッカー内蔵のスマホバッテリー

■「取り締まり」おすすめ記事
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事